FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  静岡県大畑城②

静岡県大畑城②

 大畑城の続きです。

 この地方の城は小規模なものがほとんどで・・・

 戦乱の緊張感が無かったのか?

 大軍が来たら降参すると割り切っていたのか?

 興味深いものがあります。

 

 

oohata.jpg

 主郭、二の郭、三の郭を合わせても150人篭れるか? ・・・といった規模です。

 日本城郭体系では、図の右側に延びた尾根は城内では無いとの見解ですが、私はその突端に小塁を発見してしまったので、長い尾根筋を城内と考えたいと思います。

 

 後日、ホームページ「城逢人」の史進さんから、大畑城はその筋の噂が絶えないとのお話しを伺いました。三の郭の下方は、昼前なのに薄暗くジメジメシテ・・・ 大変陰鬱な場所でした。嫌な感じがしたので駆け抜け・・・ 写真は撮りませんでした。

 

 撮らなくて良かったです・・・ また・・・ 写ってしまっていたかもしれません。

 

 

IMG_1390.jpg

        二の郭・・・ 図右側の堀です。現状で深さは2メートルほどでしょうか?

 

IMG_1391.jpg

       図右端の小塁と尾根を遮断する堀に付属し、斜面を下る竪堀です。

 

IMG_1393.jpg

               小塁から本城域へと続く尾根筋です。

 

 この尾根筋も城内に換算すると、300人以上篭れそうです。ふもとには居館があったそうです。

 

IMG_1389.jpg

            本城域に戻りました。三の郭です。狭いです。

 

IMG_1394.jpg

         三の郭から背後の断崖を見下ろすと、川が流れています。

 

           この方面からの攻撃は不可能だったことでしょう。

 

IMG_1396.jpg

 城の北側に山があり、この方面への見通しが利かないため、山頂は物見として機能していたと思われます。

 

 物見側から見た、本城域の塁壁です。

 

 

IMG_1395.jpg

      物見(右側)?と、本城域(手前)の間には竪堀がフモトマデ伸びています。

 

     帰りは、この堀に添って下りましたが、非常に陰鬱な雰囲気のする場所でした。

 

IMG_1382.jpg

                   西側から見た大畑城です。

 

 北西に、千福城、葛山城があり、葛山氏による三城一体の防御構想があったものと思われます。

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード