FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  山梨県獅子吼城② ~ 天正壬午の攻防

山梨県獅子吼城② ~ 天正壬午の攻防

 獅子吼城の続きです。

IMG_1190.jpg

           主郭に到達しました。西側の山々を写しました。

               100人ほど篭れる広さです。

 

 さて「天正壬午の乱」の際、北条氏は碓井峠を越えて佐久へ乱入・・・ 一気に山梨県は北杜市まで下り、若神子城、豆生田砦、獅子吼城などに布陣しました。その兵力は4万とも5万とも言われています。

 一方、静岡県から富士川沿いに北上した徳川軍は1万、新府城に陣を置き、能見に長塁を築いて対抗します。

IMG_1189.jpg

 家康は、武田遺臣の依田信蕃、真田昌幸に佐久、小県をかく乱させ、北条軍の補給を絶つと、豆生田砦、獅子吼城の北条勢を駆逐、不利を悟った北条軍は和を結び、撤退したのでした。

 

IMG_1192.jpg

                     新府城方面の眺めです。

 

 獅子吼城が落城したのは・・・・

 もともと北条軍は寄せ集めで練度が低くかった・・・

 攻め寄せた徳川勢の中には、武田の遺臣が多く含まれており・・・

 ついこの間まで獅子吼城を守っていた者もおり、城の構造を知り尽くしていた・・・

 ・・・といった理由が考えられます。

 

IMG_1188.jpg

 本郭から西側・・・ 街道側からのアプローチは・・・ 石積みの段郭が、ふもとまで延々と続いているように見えました。

 

IMG_1187.jpg

 石積みの精度が低かったのか? 落城時に破却されたのか? 崩れている箇所も少なくありません。

 

IMG_1200.jpg

               南西から見上げた獅子吼城です。

 

 攻防の記録もあり、石積みが圧巻ですし、看板もありますし、大藪でもありません。

 

 皆さんも・・・ 行って見ましょう!

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード