FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  栃木県赤見城 ~ 佐野家重臣の城

栃木県赤見城 ~ 佐野家重臣の城

 みなさん、こんにちは。

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。

 平成21年1月2日に、朝焼けの北関東自動車道を爆走し、赤見城に行ってきました。

 

赤見アク

 赤見城は、栃木県佐野市赤見町にあります。

 国道293号線と、県道175号線に挟まれた場所です。

 

IMG_0998.jpg

                 貸しきり状態で・・・ 気持ちがいい~!

 

IMG_1000.jpg

      佐野市指定文化財赤見城跡の石碑があり、縄張り図も掲示してあります。

 

 往時は、広大な城域を誇っていたようですが、現存遺構は本丸のみです。

 

IMG_0999.jpg

                        堀と土塁です。

 

 日本城郭体系によると・・・

 赤見城は、平安時代末期の1175年に、足利氏により築城が開始されたとのことです。

 

IMG_1001.jpg

   土塁に登りました。本丸は保育園になっています。園児がいない時間帯でヨカッタ・・・

 

 戦国期には、佐野氏の領地となりました。

 赤見城は、佐野氏の本拠唐沢山城と、足利長尾氏の足利城の中間地点にあり、佐野領防衛の重要地点でした。

 

IMG_1002.jpg

      本丸土塁上から、北側を撮影しました。水堀とやや低い土塁があります。

 

 関東古戦録には、北条氏康が唐沢山城を攻めた際、城主「佐野昌綱」が、防戦の指示を出した諸将の中に、赤見氏の名前があります。

 

IMG_1003.jpg

                 水堀の北西の角の部分です。

 

 同じく、関東古戦録には・・・

 

 天正11年(日本城郭体系によると天正13年)、佐野宗綱が、元旦に足利領へ朝駆けの奇襲をかけると言い出陣、赤見内蔵介もこれに従い出陣しました。

 

 しかし、この出陣は足利方に知られた様で、赤見内蔵介は、「敵の遠見番所の早鐘が聞こえました。敵に知られたからには、引き上げて下さい。」と諌めました。

 

 しかし、佐野宗綱は、助言を無視して、侵攻・・・

 しかも、佐野家当主にもかかわらず、先頭を切って進み、鉄砲に当たり討ち死に・・・

 こんな、主君にツカエタクハ無いナ~

 

 他の武将が後を追って討ち死にしようとするのを、赤見内蔵介が「気持ちはわかるが、それでは佐野家は滅亡してしまう。ひとまず佐野に戻り、体制を整え、主君の敵を討つことが、家臣の役目ではないか」と諭し、皆、涙ながらに、その言葉に従ったとのことです。

 

 いい家臣だったんだな~

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

 

スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード