FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  深見城(1) ~ 箱庭的技巧性

深見城(1) ~ 箱庭的技巧性


 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 2019年5月11日、深見城に行ってまいりました。

深見アク70

 神奈川県大和市深見字城ヶ岡にあります。

深見IMG_3358

 解説版があります。

 山田伊賀守の城との伝承があるが、定かではないようです。

 「神奈川中世城郭図鑑」で縄張り図を拝見し、その技巧性の高さに驚き、今回、訪問させていただきました。

 解説版には、戦国期のものではないかと記されていますね。

深見IMG_3359

 本郭と「あ」の間の堀です。

 本郭のほうが高くなっています。

深見IMG_3360

 本郭と「い」の間の堀です。

 こちらは、大分、埋まってしまっていますね。

深見城25

 「神奈川中世城郭図鑑」掲載の図面から起こしました。

 「く」から「う」へ、木橋がかかっていて、木橋を進むと、「い」と「え」から横矢がかけられます。

 「う」から「B」への土橋へは「A]と「C」から、横矢がかかるようになっています。

深見IMG_3361

 「い」から、本郭の「A」を撮影しました。

深見IMG_3362

 「う」から「B」への土橋です。

深見IMG_3363

 「う」からの「え」です。

 このあたり、藪で良くわかりませんでした。

 「深見城第2話・張り出し」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東京・千葉・神奈川の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード