FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  相模丸山城(3) ~ 当方滅亡

相模丸山城(3) ~ 当方滅亡


 相模丸山城の第3話です。

IMG_2150.jpg

 本郭塁壁の東側と腰郭。

*太田道灌の領地は、主家扇谷上杉や山内上杉に迫る規模となりました。

IMG_2151_201901180218448e4.jpg

 北へ向かって移動しています。

*伝説によりますと・・・

 山内上杉憲定は、扇谷上杉定正へ・・・

 「太田道灌は下克上を企てている、始末すべきだ」と、そそのかしました。

IMG_2156.jpg

 北側です。

*愚かにも扇谷上杉定正は、太田道灌を糟屋館(丸山城)へ呼び出したうえで殺してしまいました。

 風呂への入浴を勧め、丸腰になったところを刺客に・・・

 太田道灌は「当方滅亡!」と叫び、この世を去ったということです。

IMG_2157_20190118022029a80.jpg

 西側にさしかかっています。

*長尾景春の乱を鎮圧し、お家を救った忠臣を殺した・・・

 扇谷上杉の家臣に動揺が走り・・・

 山内上杉の配下へと鞍替えするものが出ました。

IMG_2158.jpg

 大分西側に来ました。

*このタイミングで、何と!

 山内上杉憲定は、扇谷上杉定正配下の豪族へ攻撃を開始しました。

 両者は全面戦争へ・・・

 長享の乱の勃発です。

IMG_2159.jpg

 発掘で検出された堀の写真が掲示されています。

 本郭と腰郭の間にあった堀であると思われます。

*長享の乱前後と、長尾景春については 鉢形城 レポートに詳しく記しておりますので、よろしかったらご覧ください。

IMG_2160.jpg

 堀幅16メートル、障子が確認されたということです。

 障子堀といえば北条氏の技法とされています。

 元々は扇谷上杉氏が持っていた障子堀の技法を北条氏が取り入れたのか?

 丸山城を接収した北条氏が、追加普請で障子を施したのか?

 興味深いです。

 「相模丸山城第4話・本当に滅亡」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「神奈川の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード