FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  群馬県荘田城② 崖しょいから崖端へ

群馬県荘田城② 崖しょいから崖端へ

荘田城の続きです。

 

IMG_0754.jpg

 沼田氏は、どうも、相模の三浦氏と関連があるようです。

 

IMG_0755.jpg

     下の郭から、上の方を見上げた写真です。平安の頃の居館ですから・・・

     防御性には、あまり、こだわらなかったのでしょう。

 

syouda.jpg

 イメージ図を作成しました。

 平安に頃は、前面を低湿地で守られ、背後を台地でまもられ・・・・ あると思います!

 何しろ背後から攻めるのは卑怯という強固な価値観がありましたから・・・

 

 だので、この城の始まりは、図「はじめの居館」だったと思います。

 

 しかし、時代が進むと背後からの攻撃も・・・ あると思います!

 ・・・となり、背後の台地上に申し訳程度の堀を築いて凌いだ・・・

 

 しかし、更に時代が進むとそれでも対応しきれなくなり、中心部を台地上に移した・・・

 

 更に、更に、時代が進むとそれでも対応しきれなくなり、近隣に小沢城を築いて移った・・・

 

 ・・・のだと思われます。

 

IMG_0756.jpg

             図、左側の堀を、図の上のほうから写しました。

 

IMG_0757.jpg

          台地上には、発掘調査により検出された堀があります。

 

IMG_0762.jpg

             図、右側の堀を、図の上の方から写しました。

 

 時代に対応して、館の防御構造が変更されていく様子を推察できる・・・

 大人の楽しみですね・・・

 

 しかし・・・ 本当に・・・ 最初の場所だけで、アキラメテ、帰らなくて良かったです。

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

 

 

 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード