FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  群馬県小中城 ~ 上州最北の城

群馬県小中城 ~ 上州最北の城

 みなさん、こんにちは。

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。

 平成20年11月8日に、小中城へ行ってきました。

 小中城は、群馬県片品村古仲にあります。

 

a小中城

 尾瀬へ続く国道401号を北進し、片品の温泉街を過ぎ、片品川を渡る手前で、川を渡らない村道にはいり、数分でたどり着きます。(私は、これか? あれか? ・・・と、いくつかの崖を登ったり、降りたりの末、ようやくたどり着きました。1時間の徘徊でした。)

IMG_0699.jpg

               この構造物が目印です。この手前右側には・・・

 

IMG_0700.jpg

              物置小屋と畑があります。さあ、進みましょう・・・

 

IMG_0698.jpg

                 畑です。この奥にありますよ・・・・

 

IMG_0687.jpg

        堀切がありました。辺境の小城にしては立派なものです。

 

konaka.jpg

   イメージ図を作成しました。湾曲する片品川に突出した崖上にあります。

   守りは堅いですが、追い詰められた場合に、落ち延びることは不可能です。

 

IMG_0688.jpg

図では見えませんが、図右奥の尾根との間のせせらぎです。天然の堀をなしています。

 

IMG_0692.jpg

       本郭と思われる場所です。奥の盛り上がりが見張り台でしょうか?

 

IMG_0696.jpg

      見張り台の上には小さな祠がありました。

 

IMG_0702.jpg

             城の東側の断崖です。片品川が、窮屈そうです・・・

 

IMG_0704.jpg

 城の南側の断崖です。攻めることも、登ることも不可能であることがご理解いただけるかと思います。

 

 日本城郭体系によると・・・

 小中彦兵衛は、上杉謙信の関東出馬に従い、1569年、沼田氏の没落後沼田城にあって、上野家成、河田重親の下に、沼田地衆に関する諸事の奉行を務めたとあります。

 

 棚からボタモチだったんですね~

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Re: 古仲城と尾瀬城の件
妙義の毛虫様 御来訪ありがとうございます。

 小中城についての私の情報源は日本城郭体系のみです。

 ブログに記載しなかった、日本城郭体系の記述は・・・

 謙信が天正五年十二月二十三日に記した管下八十余将の中に、小中彦兵衛の名も見える。

 翌天正六年、謙信急死後、武田勝頼は跡部勝資に命じ、小中彦兵衛に対し、沼田城略取
の工作を行わせている。その後、小中氏に関する記録はまったくない。

 以上です。武田配下の真田が沼田城を手に入れてからは、金子氏や発地氏が用いられて
いますので、地衆同志の足の引っ張り合いのようなものがあったのでしょうか?

 私のレポートで小中城を訪れる方が増えたのなら嬉しいですが、畑が荒らされたのでは
地主さんに申し訳ありませんね。

 さて、尾瀬氏も尾瀬城も、北原砦も初めて伺いました。今後ともご教授いただければ、
幸いです。
古仲城と尾瀬城の件
お早うございます。もしご存知でしたら教えて下さい。古仲城は大同2年に尾瀬氏が築城したという話と永禄年間に小中彦兵衛尉が築城したという話がありますね。尾瀬の牛首に尾瀬氏が築城した城と阿部氏が燧ケ岳山麓に築城したとの話もあります。伝説の世界なのでハッキリ判りませんが何かご存知ですか?古仲城への通路は南の沢添いに鉄塔を回り込む良い道が地元の人に寄って造られています。畑を通ってほしくないとの事です。近くの北原砦は畑となっていますが、どう見ても砦というより館址です。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード