FC2ブログ
HOME   »  ひとりごと  »  武田勝頼退却路

武田勝頼退却路


 五頓です。

 昨日は、お城仲間のМさんと、愛知県のお城に行って参りました。

IMG_0723_201809021444246b9.jpg

<鳶ヶ巣山砦> ・・・から、見下ろした長篠城。

 城の左側に豊川の断崖ラインが見えます。

 鳶ヶ巣山砦は、長篠城攻囲砦群の中心的役割を担ったとされます。

 徳川軍別動隊の急襲により、攻囲砦群が陥落すると、撤退路を脅かされる形をなった武田軍は、織田・徳川連合を正面突破する以外に方策がなくなり、大敗を招いたとされています。

 長篠城を我攻めして陥落させ、豊川の断崖ラインで連合軍を迎え撃っていれば、歴史は違ったものになったろうに・・・

 そう、思える景色でした。

IMG_0700_201809021516145bb.jpg

<田峯城>

 菅沼定忠の居城。

 菅沼定忠は武田勝頼に従って、長篠合戦に従軍しましたが、結果は大敗。

 菅沼定忠は、多分、勝頼にこのようのことをつぶやいたのではないかと・・・

 「戦は時の運、良い時もあれば悪い時もございます。まずは、私の田峯城に入り、英気を養い、再起を期しましょう。ささ・・・」

 ところが、留守を預かっていた家老今泉道善は「我々は、徳川殿にお味方いたす。その方らを城へ入れるわけにはいかん」

 菅沼定忠と武田勝頼は、武節城を目指して落ちていくしかありませんでした。

 怒り心頭に発した菅沼定忠は、勝頼を甲斐へ送り届けると、田峯城を急襲し、今泉道善とその一族96名を皆殺しにしたということです。

IMG_0586_20180902150207987.jpg

<武節城>

 田峯城を追い払われた武田勝頼が1泊したとされる城。

 他に・・・

IMG_0434_201809021505222b0.jpg

<足助城>

 ここも武田に属しましたが、後に徳川へ帰しました。

 発掘調査を基にした復元に好感が持てました。

IMG_0512_201809021507463b7.jpg

<市場城>

 徳川に属した鈴木氏のお城。

 小牧長久手の前後に積まれたと推察される石垣が見事です。

IMG_0585_20180902150927666.jpg

 おひるは「やな」で・・・

IMG_0582.jpg

 どんぶりを頂きました。

IMG_0583.jpg

 御頭付きのウナギが丸々一尾使用されたうな丼が、大変リーズナブルでした。

*お城の解説レポートは11月中旬に公開する予定です。

 乞うご期待!

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト
Comment
Re: おおっ
りゅう様 ご来訪ありがとうございます。

 田峯は、地形が面白かったです。
 山上に集落と田んぼが広がっていて驚きました。

 足助は通路が良く考えられていると感じました。

> 田峰に足助にいかれたのですね!足助の城はなかなか見ごたえあってつい昨年までの名古屋勤務を思い出します!楽しみにしてます!
おおっ
田峰に足助にいかれたのですね!足助の城はなかなか見ごたえあってつい昨年までの名古屋勤務を思い出します!楽しみにしてます!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード