FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  浄福寺城(7) ~ 大堀切

浄福寺城(7) ~ 大堀切

 浄福寺城の第7話です。

浄福寺20

 北尾根の紹介になります。

 北尾根は直線的な塁壁上に鉄砲を並べて、敵を迎撃する構造となっており、戦国末期の普請であると推察いたします。

 敵国の軍勢が碓氷峠を超えて関東を席巻し、北から浄福寺城に攻めかかると、ここが最前線となります。

IMG_9227_201806240928343da.jpg

 「え」の尾根から大堀切を見下ろしました。

 攻城兵はここを下らざるを得ません。

IMG_9228_201806240932206eb.jpg

 下っていきます。

IMG_9229_20180624093335a47.jpg

 堀底に至り・・・・

IMG_9230.jpg

 見上げると「き」の塁壁が・・・

 あそこに狙撃兵が並んで、撃ちかけてくるんですね。

浄福寺北32

 大堀切へ降りた攻城兵に対し、「あ」「い」「き」の3段階の高さから射撃を加えることができる構造です。

IMG_9234_201806240942559aa.jpg

 「き」には、横堀があるのですが、藪で写真映えません。

IMG_9233.jpg

 「き」から、「あ」を見上げました。

IMG_9236_201806240947144cb.jpg

 「い」に登ってきました。

IMG_9237_20180624095022382.jpg

 「あ」には、低い土塁が盛られています。

 「浄福寺城第8話・畝状竪堀」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「東京の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード