FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  豊田館 ~ 藤原清衡誕生

豊田館 ~ 藤原清衡誕生

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家土の城派、武蔵の五遁です。


 平成20年8月16日は、豊田舘へ行ってきました。 豊田アク
 豊田舘は、岩手県奥州市江刺区岩谷堂下苗代沢(字)146にあります。

 

IMG_0359.jpg

      豊田館は、北方約2キロの岩谷堂城と、藤原清衡生誕の地を争っています。

          国道456号沿いにあり、駐車場もトイレも整備されています。

 

IMG_0358.jpg

 国道から見上げる豊田館です。手前は水田右側は沢と道路です。比高は7~8メートルほどありましょうか?

 

IMG_0362.jpg

 解説版もあります。後三年の役では、この豊田館を敵勢が急襲し、清衡の妻子を殺害したとのことです。その後、源の義家の加勢で戦役に勝利した清衡は、ここ豊田館から平泉に移り、奥州藤原四代の祖となったとのことです。

 各種資料をあさって・・・ 追加します・・・・

 

岩手県在地勢力安部氏の娘 ⇒ 結婚 ← 中央政府の代官平家藤原氏

                      ↓

                     清衡 

 

 融和策として婚儀が成立したと思われます。その子が清衡です。

 ところが、安部氏が増長し、反乱を起こすと、女房恋しさからか藤原氏は、阿部氏と行動を共にします。前九年の役です。

 

 中央政府は、源氏に対応をまかせ、源氏は山形県の清平氏に加勢を求めます。

 

 岩手県在地勢力安部氏    VS    中央政府派遣:源氏

  婚姻関係の平家藤原氏                加勢の清原氏

 

 結果、安部氏、藤原氏は敗北し、清衡の父は斬首。

 岩手県は、清原氏に与えられ、藤原の清衡の母は、清原氏の妻となり、(ヒドイ話です)清衡は清原氏の子となります。

 

 その後、清原氏の内部分裂が繰り返され、後三年の役へと突入します。

 清衡は、中央政府軍に加勢を求め、自分以外の清原氏を滅ぼします。

 

 阿部氏に成り代わって   VS  清原氏でもあり、安部氏でもあり、藤原氏でもある清衡

 岩手を治めた清原氏                中央政府軍:源義家

 

 清衡は、父の敵であった清原氏を討滅させることに成功します。

 

 清衡は、晴れて清原の名を捨て、藤原氏を名乗り、奥州藤原四代の基礎を築きます。

IMG_0361.jpg

               館跡は芝生公園として整備されています。

 

IMG_0364.jpg

                 江戸時代に立てられた石碑もあります。

 

IMG_0363.jpg

 石碑の解説版です。ここに藤原清衡の城があったのだが、時がたつにつれて忘れられてしまうと困るので、この石碑を立てますよ・・・ と書いています。

 江戸時代に仙台藩に仕えた儒学者により立てられたそうです。

 

IMG_0365.jpg

 館の背後を守る堀などがあればと思い、徘徊しましたが、変電所の設置により、破壊されたようです。

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード