FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  愛知県長篠の戦い「武田勝頼本陣」 ~ 背後の堀の焦燥・・・

愛知県長篠の戦い「武田勝頼本陣」 ~ 背後の堀の焦燥・・・

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。


 平成21年6月20日には、お城仲間のMさんと、長篠の戦い「武田勝頼本陣」へ行ってきました。


 勝頼本陣は、愛知県新城市,設楽原歴史資料館北方約500メートルにあります。


 

image3274002.jpg

 

 東郷小学校の南に、この大変判り難い小道があります。ここを入っていきます。表示はありません。

 

 1575年、武田勝頼は徳川方の長篠城を包囲しますが、守りが堅く落とすことが出来ません。

 

 そうこうしているうちに、織田信長と徳川家康が援軍を率いて、設楽原に布陣したため、勝頼は両軍と決戦をすべく、織田軍と連吾川を挟んだ丘陵上に布陣します。

 

aIMG_2548.jpg

 

    道ナリに進み、道が右に折れると・・・ あの森が勝頼本陣です。

 

                行って見ましょう!

 

 

 勝頼は総勢1万5千のうち、2千を長篠城の押さえとし、1万3千でこの地に布陣したとされています。

 

 対する、織田・徳川連合軍は3万4千~5千とされています。

 

 

         昼なお暗い山中に何やら表示があります。

 

 武田勝頼は、何故、3倍なす連合軍に決戦を挑んだのか? 

 

 信長はこの日の為に、織田軍は弱いと印象付けることに励んでいた・・・

 

 前年、勝頼が美濃に進行した際、ワザと負け、勝頼に必要以上の自信を持たせた・・・ との説もあります。

 

aIMG_2545.jpg

 

 堀を発見しました。あとで解ったのですが、これは本陣の背後を守る堀でした。

 

 5月21日、早朝、戦いの火蓋は切って落とされました・・・

 

 その直後勝頼は驚くべき光景を目にするのでした。長篠城の押さえとして兵を残してした鳶ヶ巣山砦が炎上したのです。

 

 徳川方酒井忠次の4千による奇襲が成功し、勝頼は前後を敵に囲まれたのです。

 

 本陣背後の堀は、鳶ヶ巣砦炎上を受けて、背後を固める為、合戦の最中に急ぎ構築されたものと思われます。

 

 勝頼の心に焦燥が・・・

 

aIMG_2544.jpg

 

 

     本陣の前面、対連合軍側にも防御は施されています。

 

  少々解りにくいのですが、奥のほうがへこんでいて堀となっています。

 

   この木々をなぎ払い、織田の陣地が見渡せるようにして欲しい!

 

aIMG_2543.jpg

 

         本陣跡にはササヤカナ石碑がありました。

 

image7215838.jpg

 

 長篠の戦いは連合軍の一方的な勝利と思われがちですが、武田軍が一時優位になった場面もあったのでした。

 

 馬場美濃守信春が、佐久間信盛の陣地を占拠し、佐久間勢は馬防柵の中へ逃げ込み、勝頼は本陣をこの地から更に前線へと移したとのことです。

 

IMG_2560.jpg

 

        勝頼が陣を進めたとされる場所に石碑があります。

 

IMG_2561.jpg

 

 一時的に優位を確保したかに見えた武田軍ですが・・・

 

 敵は次々と新手を繰り出し、小勢の武田軍に新手は無く、炎天下6時間におよぶ戦いのなかで、武田勢の疲労は極限に達し、ついに敗走へとつながるのでした。

 

 勝頼は、命からがら甲斐へ逃げ戻りましたが、信玄譲りの宿老の多くを失った武田軍は戦闘力が低下し、7年後の1582年、武田家は滅亡してしまうのでした。

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード