FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  群馬県内出城 ~ 岩櫃城対岸の守り

群馬県内出城 ~ 岩櫃城対岸の守り

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家土の城派、武蔵の五遁です。


 平成20年7月26日には、内出城に行ってきました。
 内出城は、群馬県東吾妻町内出にあります。


 室町期には、土豪の館があり、戦国期に拡幅され、現在の姿になったと考えられています。


 戦国末期、この地は、真田昌幸が治めていました。

 

 ところが1582年、北条勢3000が、南方3キロの手子丸城を陥れます。

 北条氏が吾妻領に侵攻すると、次に迎え撃つ位置にあるのが内出城です。

 この内出城は、この時点で吾妻防衛の最前線となりました。


 

IMG_0208.jpg

                  写真① 内出城北端の塁壁。

 

IMG_0209.jpg

           写真② かつての堀は埋め立てられて道路となっています。

     右上は、郭ですが民家が立ち並んでいるので、撮影は遠慮しておきました。

IMG_0212.jpg

          写真③ 本郭の塁壁です。現状で高さが3メートル程あります。

 

IMG_0213.jpg

              本郭は、畑になっています。群馬の定番ですね。

 

IMG_0214.jpg

          写真? 手前が堀跡、右奥が二の丸の張り出し部分。

 

IMG_0216.jpg

      ここからが、この城の見所です。本郭から南側の堀は良く残っています。

 

IMG_0217.jpg

         写真⑥ 堀は折れ曲がって、吾妻川の断崖へと下っています。

        北条勢の襲来に備え、増築された部分ではないかと推察します。

 

 

uti-ide.jpg

 イメージ図を作成しました。

 断崖に隣接していながら、断崖に頼っているのは城の一部でしかない・・・ 特異な縄張りです。

 

 さて、北条軍3000に手子丸城を奪われた真田方は、積極策をとります。

 真田昌幸の嫡男、真田信幸は手勢800を率い、手子丸城を急襲し、北条勢を駆逐します。

 

 

 結果として、内出城は戦火にさらされずにすみました。

 別の見方をとると、「内出城では、心もとないから、積極策に出ざるを得なかった」とも、言えるのかも知れません。

 

 

 

IMG_0225.jpg

    内出城背後の吾妻川です。せっかく撮った写真なのに添付を忘れるところでした。

 

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

 

 > 「群馬の城」
スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード