HOME   »  中世城郭  »  仙波氏館 ~ 町名に残る豪族

仙波氏館 ~ 町名に残る豪族

 みなさん、こんにちは。
 武蔵の五遁です。
 平成30年2月某日、仙波氏館に行ってまいりました。

仙波氏3

 埼玉県川越市仙波町3丁目にあります。

上円下方墳027

 長徳寺の境内が館跡であると推察されています。

上円下方墳026

 お寺の東側は低地となっています。

 つまり、大地のヘリに立地する館ということですね。

上円下方墳029

 長徳寺の山門です。

 仙波氏は、桓武平氏の流れを汲む村山七党の一つであるということです。

上円下方墳030

 境内に入りました。

 以前は、境内に土塁があったということです。

 仙波氏は、平安の頃からこの地にあり、源頼朝の挙兵に呼応し上洛のお供をしたそうです。

上円下方墳032

 塀があると、少し城郭っぽいムードが漂いますね・・・

 室町時代に関東管領上杉氏が赴任すると、仙波氏は衰退してしまったということです。

上円下方墳003

 仙波氏館の南西には、仙波氷川神社があります。

 仙波氏が建立したと伝えられています。

上円下方墳004

 江戸時代になると、仙波の地は川越東照宮、喜多院の寺領となりました。

 仙波氏の末裔は、旗本として幕府に仕えたそうです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「埼玉の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード