HOME   »  中世城郭  »  江浦湾東地形(1) ~ 峠切通し

江浦湾東地形(1) ~ 峠切通し

 みなさん、こんにちは。
 武蔵の五遁です。
 平成30年1月2日、静岡県江浦湾の東側に行ってまいりました。
 沼津市多比と、伊豆の国市北江間の境にあります。

江浦東Ⅲ

 戦国時代の伊豆の首都は、韮山です。

 韮山に一番近い港が多比港です。

 海路で多比港に着いた荷物を、韮山へ運ぶ街道があったはずですし、街道に峠があれは、峠を抑える要塞があったのではと妄想して踏査に参りました。

 明らかに人の手が加えられた地形が多く見られ、城郭遺構である可能性を感じていますが、公に認められているわけではないので、江浦湾東地形として紹介させていただきます。

 IMG_7699_20180103132208fa5.jpg

 多比港の夜明けです。

 ここに車を停めさせていただき、トンネルで伊豆の国市へ入り、放水路の北側の道を登りました。

IMG_7701_2018010611174149b.jpg

 切通しのすぐ東側まで舗装路が伸びています。

江浦東図Ⅰ

 舗装路の先もなんとか道があります。

IMG_7704_201801031329057b4.jpg

 切通しに着きました。

IMG_7705.jpg

 切通しに入りました。

IMG_7706.jpg

 切通しの中ほどで、来た道を振り返りました。

 アングルを上げると・・・

IMG_7707.jpg

 結構高いです。

 更に・・・ アングルを上げると・・・

IMG_7709_20180103133209b09.jpg

 高さは10メートル近いと思われます。

IMG_7710_20180103133357121.jpg

 抜けて、離れて振り返りました。

 両脇が切り立っていますね。

 切通しを塞いだら、通行不能です。

 敵勢が多比港に上陸しても、ここで侵攻を食い止めることができそうです。

 「江浦湾東地形第2話・切通しへの攻撃」へ続く・・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード