FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  新潟県鮫ヶ尾城~上杉景虎自刃?

新潟県鮫ヶ尾城~上杉景虎自刃?

 鮫ヶ尾城の続きです。

 

image3315729[1]

 斐太・歴史の里公園には、北からのイメージ図が掲示してありましたので、私は南から見たイメージ図を作成しました。

 

 バテバテで行けなかった部分は、妙高市発行の等高線つき平面図から、おこしました。

 

 弟子の、自らのサボタージュを正当化したい気持ちが働き、一部分がデフォルメされています。

 

 さて、しばらくして師匠が帰ってくると「東二の丸まで行ってきた。藪だった」とのことでした。

 

image172507[1]

              いったん、登山道まで戻ってから本丸を目指します。

image3529980[1]

               本 丸 北 側 の 腰 郭 で す。

 

image9272842[1]

            よ う や く 本 丸 に つ き ま し た !

 

image1766236[1]

                    石 碑 も あ り ま す。

 

 

image2492520[1]

    僅かな供回りとこの城へ駆け込んだ三郎景虎。しかし、城下には雲霞のような敵勢。

 

 死を覚悟した、三郎景虎の脳裏には、その時、故郷小田原の風景がよぎったのではないでしょうか?

 

image8517038[1]

    本丸の隣にあるのが兵糧郭です。落城時に焼けた「米」が出土したとのことです。

 

image326757[1]

              Mさんに立っていただき、撮影しました。

 

 越後上杉系の堀切を表現するのに、よく「ナタで切った様な」と形容が使用されますが、全くの同感です。

 

image4284875[1]

 下山して、斐太・歴史の里公園の管理棟にお邪魔すると、景虎の書状が紹介してありました。

 次第に不利となる戦況の中、援軍を請う切なさが伝わってきます。

 

image2498730[1]

        ご親切にも、管理棟の方が、自家製の茄子漬けを勧めて下さいました。

 

 昼食前で、お腹がすいていた・・・・ 

 大汗をかいて、塩分を体が欲していた・・・・

 

 食べた・・・・  食べた・・・  茄子を食べた・・・・

 

 物凄い勢いで食べ続ける私を見て、哀れと思われたのか、この後、茄子がどんどん・・・・ きゅうりもどんどん・・・・ お稲荷さんまで、食べせていただきました。

 

 おいしかった! 有難う御座いました!

 

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

スポンサーサイト



Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード