FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  鶴峰城(2) ~ 伊達VS佐竹

鶴峰城(2) ~ 伊達VS佐竹

 鶴峰城の第2話です。

IMG_6503.jpg
 
 本郭の北側に来ました。

 手前に堀が穿たれています。

*戦国時代末期の1587年、芦名氏の当主が亡くなりましたが、後継ぎがいませんでした。

IMG_6504.jpg

 堀底には、土橋状の・・・ 若干の盛り上がりがあります。

*芦名氏の領地の北側には、奥州探題の伊達氏がいました。

IMG_6505.jpg

 堀の東側です。

*芦名氏の領地の南東方向には、常陸の雄佐竹氏がいました。

s鶴峰城

 本郭の南北を掘り切っただけの、単純な作りです。

 戦国後期まで、この単純な作りだったということは、猪苗代氏はあまり最新の築城術に興味を持たなかったということですね。

*芦名氏の家臣団は、伊達氏から養子を迎えるか、佐竹氏から養子を迎えるか?

 二つに割れて、喧々諤々の大論争となりました。


IMG_6509.jpg

 本郭を見渡しました。

*猪苗代家の当主を引退し、鶴峰城にあった猪苗代盛国は伊達派であったようです。

IMG_6511.jpg

 本郭の北側が高くなっており・・・

*猪苗代家当主で、盛国の息子、猪苗代盛胤は佐竹派であったようです。

IMG_6512_20171001155725cf6.jpg

 物見櫓の表示があります。

*芦名氏家臣団は、佐竹氏から養子を迎え、養子は芦名義広を名乗りました。

IMG_6510.jpg

 本郭の東側は、なかなかの急斜面です。

 「鶴峰城第3話・息子の城を乗っ取る」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「福島の城」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード