HOME   »  中世城郭  »  埼玉県・柏原の城山砦

埼玉県・柏原の城山砦

 みなさん、こんにちわ。

 中世城郭愛好家、武蔵の五遁です。

 平成20年7月12日に、柏原の城山砦に行ってきました。

柏原アク

 城山砦は、埼玉県狭山市柏原にあります。

 

 この日は、Mさんをお誘いして秩父に行く予定だったのですが、家庭の事情で断念。Mさん申し訳ありませんでした。

 

 ところが、午後になると3時間だけ自由になる時間が出来ました。ふと見ると晴れ渡る青空。こうなるともう、城へ行きたい虫がうずうず・・・・ 衝動的にチャリに乗り、走り出すのでした。

 

 県道261号と県道260号の交わる柏原交差点から、北東に進む県道260号を選択し、600メートル程で、城山砦バス停に行き当たります。

 

image247236[1]

 20年前から、度々訪れていますが、今回はブログ用に写真を撮りにきました。チャリでの訪城は、初めてです。

 なんと! 専用のバス停があります!

 背後の林が、城山砦です。

 1537年、北条氏綱は、入間郡三木にて、扇谷上杉氏を撃破し、その余勢をかって、川越城を奪取します。

 1541年、北条氏綱が没し、氏康が跡を継ぎます。

 1545年、扇谷上杉氏は、関東管領山之内上杉憲正に加勢を頼みます。氏康を若年であると侮った上杉憲正は、この地柏原に着陣し、古河公方も加勢した為、川越城を囲む軍勢は8万に登ったとのことです。

 柏原の城山砦は、この時に築城されたと思われます。

image5297683[1]

           左が堀であったはず、右側に土塁が残っています。

 

image6915825[1]

        昔は、踏査可能だったのですが、大藪になっていてがっかりでした。

 

image6781305[1]

 10年前に自作した縄張り図をもとに、イメージ図を作成しました。入間川の河岸段丘の崖端を利用しています。

 右側の本郭は、小学校の教室2つほどの広さで、こぶりですが、工夫された縄張りです。

 横矢張り出し?は、東から土塁にとりつく敵に側面射撃を加えることが出来ます。

 横矢張り出し?は、北から土塁にとりつく敵に側面射撃を加えることが出来ます。

 横矢張り出し?は、小口?に進入しようとする敵に側面射撃を、小口?に進入しようとする敵に正面射撃を、小口?に進入しようとする敵に側面射撃を加えることが出来ます。

 

 しかし、同時期に築城された三鷹市の深大寺城を見ても思うのですが・・・・

 関東上杉系の城は、小口や横矢のへのこだわりが激しいものの、堀幅が狭く、土塁が低い!

 頭でっかちで、戦闘にどれだけ役立っていたのか、疑問が残ります。

 

 

image2765468[1]

 入間川から、見た城山砦です。

 その後、関東管領上杉憲正は、砂久保に陣を進めますが、北条氏康の夜討ちに敗退し、扇谷上杉氏は滅亡します。

 城造りの合理性を追求できなかった管領は、軍略においても合理性を追求できなっかったのでしょう。

 

 

 ホームページ「土の城への衝動」 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード