HOME   »  ひとりごと  »  福島県いわき市へ行ってきました!

福島県いわき市へ行ってきました!

 五遁です。

 昨日は、お城仲間のМさんと、福島県いわき市に行ってきました。

 夏でも、踏査可能なお城を求めての旅です。

IMG_5820.jpg

<上遠野城>

 切り立つ塁壁と、しっかりした小口が印象的でした。

 刈りはらってくださっている、地元の皆様の穂尽力に感謝です。

IMG_5858.jpg

 お昼は、小名浜港で・・・

IMG_5855.jpg

 海鮮定食をいただきました。

IMG_5865.jpg

 浄土庭園と、国宝白水阿弥陀堂にもお邪魔しました。

 鉱山が近くにあり、平安のころから栄えていたようです。

 周囲の山容と庭園と、阿弥陀堂が見事に調和していて、別世界に迷い込んだ気分です。

 秋は、紅葉が素晴らしいでしょうね。

IMG_5943.jpg

<三坂城>

 Мさんのプッシュで訪問しました。

 最近整備されたということです。

 連続屈曲小口等技巧的なパーツと、圧倒的な塁壁の組み合わせて、高い防御性を実現しています。

 かなりの普請量で、万の軍勢の駐屯が可能です。

 戦国末期、岩城氏が伊達政宗からの脅威にさらされた時期に、最前線の城として国を挙げて普請をしたのではないかと妄想しました。

IMG_5955.jpg

<飯野平城>

 岩城氏の本拠。

 岩城氏は室町時代に、領土を広げ、佐竹氏や白川結城氏を圧倒しました。

 広大な城域を誇っていましたが、今は本郭周辺に往時を偲ぶ感じでした。

IMG_5985.jpg

<磐城平城>

 江戸時代、岩城氏がこの地を去ると、代わりに鳥居氏が入りました。

 徳川譜代で、歴戦の強者として知られる鳥居元忠の嫡男忠政が10万石を与えられました。

 忠政は、地名を岩城から、磐城へ変え、飯野平城を廃し、磐城平城を築城しました。

 現在、市街化による破壊が著しいものの、塁壁の高さや城域の広さは実感できます。

 伊達政宗への備えとして、籠城を意識した実践本位の城であったことがうかがえます。

*夏、強い日差しの下、木や草の香りに囲まれ、汗だくで歩き回る・・・

 楽しかったです。

 虫網を持って、駆け回った子供のころを思い出しました。

 正式レポートは、秋になる予定です。

 こうご期待!

 ホームページ 「土の城への衝動」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード