HOME   »  中世城郭  »  海野長門守墓所 ~ 無念の最後

海野長門守墓所 ~ 無念の最後

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成29年5月20日、お城仲間のМさんと海野墓所に行ってまいりました。

羽根尾アク

 群馬県吾妻郡長野原町羽根尾にあります。

羽根尾城IMG_5124

 羽根尾駅から、少し東へ行ったところに、この表示があります。

 海野長門守の墓所への表示です。

 羽根尾城への表示もありますが、ここからより、もっと楽なアクセスがありますので、別途、説明させていただきます。

羽根尾城IMG_5125

 表示のわきには駐車場があります。

*長野県小県には、古くから海野氏が威を張っており、この地にはその分流羽尾氏があったそうです。

  戦国時代、羽尾氏当主羽根尾景光の次男が、海野長門守幸光を名乗ったということです。


羽根尾城IMG_5127

 駐車場を出て、線路の下をくぐります。

 くぐった先は、左へ・・・

 1、2分進むと・・・

*武田信玄は真田昌幸へ吾妻郡制圧を命じました。

 吾妻郡では、上杉方として斉藤氏が岳山城にて反抗を続けていました。


羽根尾城IMG_5128

 この表示があります。

*海野長門守は、真田幸隆の配下に参じ、岳山城攻略に功を上げたということです。

羽根尾城IMG_5129

 表示の先です。

*武田信玄が亡くなり、武田勝頼が長篠合戦に敗れ・・・

 1581年3月22日に、遠江の要衝高天神城が落城すると、武田配下の豪族たちに動揺が走ります。


羽根尾城IMG_5130

 墓所への階段です。

*上野北部では、北条勢が攻勢を強め、武田配下の豪族たちへ、調略の手を伸ばしました。

 当時、吾妻を支配していた真田昌幸は、海野長門守が北条へ寝返りを企図しているとし、弟の真田信伊を差し向けました。


羽根尾城IMG_5131

 広い削平地です。

 羽根尾城の居館があったのでしょうか?

*海野長門守は、岩櫃城の守りを担っていました。

羽根尾城IMG_5133

*海野長門守は、岩櫃城下の居館を、真田勢に囲まれ、無念の自刃をしたということです。

 高天神城落城から約半年後の11月11日のことであるとされています。

 歴史は勝者が創るもの・・・

 腹黒い真田昌幸が、一族へ領地を与えたいがため海野長門守を謀殺し、反逆の汚名を着せた可能性もあるのではないかと私は妄想します。


羽根尾城IMG_5132

*海野長門守の家臣たちは、長門守の旧領である羽根尾の地に、長門守を埋葬したということです。

 海野長門守よ、安らかに眠り給え。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「史跡の部屋」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード