HOME   »  中世城郭  »  旭山城(3) ~ 土橋下郭群

旭山城(3) ~ 土橋下郭群

 旭山城の第3話です。

IMG_4672.jpg

 「き」から「か」を振り返りました。

IMG_4674.jpg

 「く」に登ってきました。

 「青点」に腕の良い射撃兵を配しておけば、攻城兵がどの方向から登ってきても、迎撃できます。

IMG_4677.jpg

 現在は、「か」から「青点」の脇へ向けて、道がついています。

旭山城南

 「く」の上の小ピークに、文字を落とし込めなかったので、青点をつけてみました。

 攻城兵は、青点奥の土橋を通らないと先に進めないので、重要な防御ポイントといえます。

IMG_4678.jpg

 土橋が見えてきました。

IMG_4680.jpg

 土橋に向かって右側の堀。

IMG_4681.jpg

 左側の堀。

 こちらの堀はこの先で屈曲し・・・

IMG_4683.jpg

 竪堀となっています。

 竪堀に木を置くと、竪堀が埋まってしまいますね・・・

 竪堀は、山を整備する作業の邪魔になるんでしょうね・・・

 「旭山城第4話・土橋集中防御」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト
Comment
Re: 記事かきました
丸馬出様 ご来訪ありがとうございます。

 土橋前郭群を迂回して登ろうとする攻城兵がいることを想定して
縄張りされていると思いますね。

 迂回しても、郭群を突破しても、結局は土橋に至るというのが、
この縄張りのみそなのだと思います。
記事かきました
旭山城の記事かきました。
なのですが
上田城 藩主屋敷の記事のが
面白くかけているような気がしてます
わながあって面白いと思うのですが・・・。
Re: 書き直し中です
丸馬出様 ご来訪ありがとうございます。

 修正中ですね。

 修正されようとする意欲に敬意を表させていただきます。

 自身、昔の記事を見ると、恥ずかしいことばかりですが・・・

 なかなか、修正には至りません。
書き直し中です
やっつけしごと感がでていたので
修正中です

ちなみに、昔の記事も手を
入れたりしているのですが
当時と考えも変わるものですね。
あれれ?
丸馬出様 ご来訪ありがとうございます。

 このとことろ難事が多く、バタバタとしておりまして・・・
 今朝は3時の自宅でした。

 一区切りがついたので、お返事をと思いましたら、旭日山城の
記事が見当たりませんね。

 トラブルでしょうか?

 今日はお城のお絵かきもしないで、ゴロゴロとしていようかと・・

 では!
私のブログに
大手道の考察記事を載せてみました
コメントをいただければ幸いです
Re: タイトルなし
丸馬出様 ご来訪ありがとうございます。

 き郭の土塁は、削り残しではないんですよね。
 一部、石積みもあるんですよね。
 意図して強化してあるんですよね。
 つまり、土橋下郭群の外側へ向けての強化なんですよね。
 となると、丸馬出様の推論に現実味が帯びてきますね。
 土橋下郭群を、巨大な丸馬出ととらえると、城道は両脇
であるべきですよね。
 次の機会があったら、踏査してみたいと思います。
 ありがとうございました。
き郭の土塁の位置に違和感があったからなんです。

実際にき郭に立ってみると土塁が
射撃用の胸壁の高さで、足元の竪堀を狙うには
絶好のポイントだったんですよ。
Re: 大手道
丸馬出様

 ご来訪ありがとうございます。

 現在の道は、往時の登城路ではないだろうということは強く感じました。

 堀底道ですか・・・

 踏査していないのでなんとも言えませんが。

 土橋手前を、巨大馬出ととらえれば、その筋に大手があっても不思議ではありませんね。
大手道
以前現地調査して感じたのですが
く、き、郭の西側をそのまま登り、
空堀の堀底道から土橋にいたるルートが
大手道だと思うのですがいかがおもわれますか?
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード