HOME   »  中世城郭  »  旭山城(1) ~ 謙信VS信玄

旭山城(1) ~ 謙信VS信玄

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成29年4月8日、ブログ「らんまる攻城戦記」オーナー「らんまる」さんのご案内で、旭山城に行ってまいりました。お城仲間のМさんも一緒です。

 長野県長野市平芝にあります。

 1553年、武田信玄は北信の雄村上義清を放逐すると、現在の長野市周辺へ勢力を伸ばしました。

 越後の上杉謙信は、村上義清の要請を受け、武田信玄との抗争を開始しました。

三次合戦

 1557年には、第二次川中島合戦が発生し、両者は三か月にわたり対陣を続けました。

 謙信が、武田本隊へ攻めかかると、旭山城から伏兵が出陣し、越後勢の側面をつきます。

 旭山城を直接攻め落としてしまいたいのですが、旭山城の北側は大変急峻な地形で攻め上るだけで多大の損害が出てしまいます。

 旭山城は、謙信にとって目の上のタンコブの様な存在でした。

旭山城アク

 旭山城を落とすには、先に、小柴見城と大黒山城を突破しなければならず、正に難攻不落の要塞でした。

IMG_4654_20170507124128d60.jpg

 らんまるさんの白いジムニーです。

 ここから徒歩となります。

IMG_4653.jpg

 旭山山頂の本郭まで、500メートルということです。

IMG_4655.jpg

 数分で削平地が現れます。

旭山城南

 「い」と「あ」は、土塁などの防備が無いので、下級兵士の駐屯場所であったのかもしれません。

IMG_4657.jpg

 「い」の先は、山容が厳しくなってきます。

IMG_4658.jpg

 山頂城跡まで、300メートルです。

IMG_4659.jpg

 左上と正面からの攻撃にさらされながら進む形です。

IMG_4660.jpg

 斜面には、竪堀が刻まれ、攻城兵の迂回を妨げています。

 「旭山城第2話・鉄砲300丁」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード