HOME   »  中世城郭  »  根戸城(4) ~ コンパクトで技巧的

根戸城(4) ~ コンパクトで技巧的

 根戸城の最終話です。

IMG_4058.jpg

 櫓台の上から、東側を撮影しました。

IMG_4060_20170316100746a50.jpg

 櫓台から、「G」を見下ろしました。

 イメージでは上手く表現できていませんが、この部分だけドツボのように落ち込んでいます。

IMG_4061.jpg

 ドツボから、本郭方向を見上げました。

根戸城

 「B」から「 I 」を経て、本郭の脇を進んだ攻城兵に「G」で、トドメヲ刺す構想であると推察いたします。

IMG_4062_20170316101218375.jpg

 「G」から、そのわき道を撮影しました。

 手前方向に下ってるのがわかります。

 進めば進むほど下っていき、より、不利になる設計です。

IMG_4064_2017031610135506d.jpg

 「H」に来ました。

 逆に「G」から攻城兵がのぼってきた場合、ここに門を設け、停滞する攻城兵へ、本郭から攻撃を仕掛けることもできます。

IMG_4067.jpg

 二郭と本郭の間の堀です。

 IMG_4071_20170316101721b11.jpg

 本郭です。狭いですね。

 居住のための建物は無かったと推察します。

 戦闘のためにだけ特化された、コンパクトで技巧的な城。

 私の好きなパターンのヤツデス。

 敵の大軍が押し寄せた場合、籠城し、味方の後詰を待つ。

 又は、味方の本城の防備を整える時間を稼いだ後は、捨て去られる。

 その様な使命を背負わされた、最前線の城だったのではないでしょうか?

IMG_4029_20170316102203e63.jpg

 南からの遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「千葉の城」


スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード