FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  山梨県三富城~敵の侵入を急報せよ!

山梨県三富城~敵の侵入を急報せよ!

 みなさん、こんにちわ。

 中世城郭愛好家土の城派、武蔵の五遁です。

 平成20年4月29日に、三富城へ行ってきました。

 牧丘地区を徘徊したあと雁坂トンネル経由で帰ろうとしたら「城山公園」の表示を発見、行って見るとビンゴでした。

 

三富アク

 三富城は、山梨県山梨市三富の、市営温泉施設「笛吹の湯」の背後にあります。

 

100_1237.jpg

 烽火台だったとのことですが、50人位は篭れそうですし、防御もしっかりしているので、勝手に三富城と呼ぶことにしました。

 

 甲府と秩父を結ぶ「秩父往還」の国境近くに位置しています。

 秩父は北条氏の領国であり、北条氏と武田氏が敵対していた時期には、ここには365日、見張り番が置かれ、北条勢の来襲の際は、のろしを上げ、甲府へ知らせることになっていたはずです。

 あまり知られていませんが、武田信玄が秩父に乱入し、放火をした記録が残っていますので、報復の可能性も高かったと思われます。

 

100_1238.jpg

                 登り口は螺旋階段となっていました。

 

100_1239.jpg

 登ろうとすると、入り口がピンクのテープで封鎖されています。

 「登ってはいけないのですかぁ~?」

 ゲートボールを楽しむお年寄りに尋ねると

 「いいよ!」とのお返事。

 

100_1247.jpg

 5分ほど登ると二の郭に到着です。電波塔が立っています。

 この電波塔は、国道140号から見えますので、三富城を探す際の目印となります。

 

100_1240.jpg

 本郭には、見晴らしあずま屋があります。

 

100_1241.jpg

                    本郭背後の、堀切①です。


 

100_1242.jpg

    堀切①と、堀切②の間の、郭と言うか通路です。

    人がすれ違うのは難しそうです。

 

100_1243.jpg

 堀切②です。中央の木のしなり具合から斜面の切り立ち加減を感じていただければ幸いです。

 

100_1246.jpg

 写真では上手く写っていませんが、大きな規模の竪堀と「登り石積み」がありました。10メートル以上続いているように見えました。

 

mitomi.jpg

 イメージ図を作成しました。

 郭が二つに、堀切が二本、典型的な辺境の小塞です。
 しかし、「登り石積み」は辺境の小要塞には不釣り合いな規模です。

 

 ホームページ土の城への衝動 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード