FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  茨城県真壁城~徳川家康の背後を突け!

茨城県真壁城~徳川家康の背後を突け!

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成20年4月19日に、お城仲間のKさん、Mさんをご案内して真壁城に行ってきました。
 真壁城は、茨城県桜川市真壁町古城にあります。

image8257113[1]

 本郭の西側は破壊され、本郭には、体育館が建っています。体育館駐車場に看板が設置されています。


 真壁氏の居城です。
 戦国期、真壁氏は南の小田氏と抗争を繰り広げます。北条氏の勢力が近隣に及ぶと、東の佐竹氏と連携し、反北条の戦いを貫きます。
 近隣の結城氏、小山氏、更に真壁氏より北方の佐野氏や皆川氏、壬生氏までもが北条氏に降っているのに、真壁氏がこの真壁城を維持し続けたことは、凄いとしか言いようがない。 

100_1224.jpg

 二の郭塁壁を撮影するM氏です。真壁城はかなり耕作されてしまっていましたが、現在地道な発掘、復元工事が続いています。

 

100_1227.jpg

                  北側の復元土塁と堀です。

image8505832[1]

               南側の復元土塁です。結構な工事量ですね。

 


 

image2418166[1]

            三の郭塁壁には、芝生を張っているところでした。

 

100_1223.jpg

       本郭(右)と二の郭(左)を隔てる堀です。水がはってあります。

 

image2435076[1]

  一番東側の郭にも芝生がはってあります。定着するまでの間立ち入り禁止とのことでしたが、工事をしている方に声をかけると、「どうぞ!」とのことで進入しました。i

image8531954[1]

 イメージ図を作成しました。破壊部分は、様々な資料から推定して書きました。「妄想紙芝居」ですので、ムードだけ感じてください。

 西側の堀は水堀で、東側は空堀であったと思われます。

 

 関が原の戦いの前夜、不穏な動きを見せる福島県の上杉景勝と直江兼続を討伐すべく、徳川家康が、真壁城すぐ近くの小山市へ軍を進めます。

 このとき佐竹氏は、直江兼続と策を練り、徳川家康が更に北へ軍を進めた場合、北から上杉軍、南から佐竹軍で、挟み撃ちにしようとしていたと言われています。

 このことを察した徳川軍が、後顧の憂いを除く為、真壁城を制圧してもおかしくない情勢でした。

 真壁城は、徳川来襲に備え、防備を固めていたことと思われます。

 しかし、実際には石田光成の挙兵を知った徳川家康が兵を帰し、関が原の戦いへとなだれ込み、佐竹氏の企みは水泡と帰します。

 戦後佐竹氏は、秋田への減封され、真壁氏もこれに従ったということです。

 

ホームページ土の城への衝動 http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

スポンサーサイト
Comment
Re: またお邪魔してます
リュウ様 ご来訪ありがとうございます。

 その後、復元工事が進んでいるのでしょうか? すぐ南側の小田城も復元工事が継続中ですね。

 途中経過をいつか身に行きたいと思います。
またお邪魔してます
二郭類壁すごい!興国寺より大きく見えます!こんな屈強な武将がいたんですね。
豊家は別格過ぎるとして、守り抜いたという実績は信濃の村上を超える武士団ですね!
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード