HOME   »  中世城郭  »  伊那龍ヶ崎城(1) ~ 諏訪の神様

伊那龍ヶ崎城(1) ~ 諏訪の神様

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。

 平成29年1月1日、お城仲間のМさんと龍ヶ崎城に行って参りました。

羽場城アク

 長野県上伊那郡辰野町伊那富にあります。

 登り口は、尾根の南東にある池上寺の背後です。

 池上寺の駐車場には、無断駐車禁止の看板がありましたので、やや北の智児神社の駐車場をお借りしました。

IMG_2824_20170113144305239.jpg

 神社から山際に沿って、尾根の先端へ移動します。

 あの屋根が池上寺ですね。

 あの屋根の向こうに・・・

IMG_2826.jpg

 居館とされる平坦地が見えてきます。

IMG_2827_20170113144447c0c.jpg

 尾根との接点が堀切っぽくなっていますね。

IMG_2829_20170113144531e95.jpg

 御社宮司社跡の碑があります。

IMG_2830_2017011314460724d.jpg

 諏訪大社のご神体ともいわれる守屋山が見えるこの地に、御社宮司神を祀ったと記されていますね。

 その宮司社の跡を、戦国時代に、龍ヶ崎城の居館として活用したということでしょうか?

IMG_2825_20170113145540644.jpg

 確かに、守屋山が良く見えます。

IMG_2828.jpg

 居館部の先端方向を撮影しました。

 「伊那龍ヶ崎城第2話・小笠原長時布陣」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト
Comment
八百万の神
 守屋氏は日本で古くから信じられていた神を大切にし、輸入仏教派
の手によって没落させられてしまったんですよね。

 悲しいことです。

 ちなみに私は、八百万の神派です。

 とても人間的で、相反する価値観に寛容ですから。

> 守屋山ですが
> 蘇我氏に追いやられた
> 守屋一族が諏訪に着たので
> 守屋山になったとの昔話がありますよ
守屋山ですが
蘇我氏に追いやられた
守屋一族が諏訪に着たので
守屋山になったとの昔話がありますよ
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード