HOME   »  中世城郭  »  小泉上の城 ~ 小泉氏詰城

小泉上の城 ~ 小泉氏詰城

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。

 平成28年12月17日、信濃国人衆「らんまるさん」と「ていびすさん」のご案内で小泉上の城に行って参りました。

 お城仲間のМさんもご一緒です。

a小泉上の城アク1

 長野県上田市下室賀にあります。

*小泉上の城は、土豪小泉氏の城です。

 現在の上田城のある場所には、上田城築城以前、小泉氏の尼ヶ淵城があったとされ、この地域では領土の広い豪族であったようです。

小泉上の城アク2

 軽四駆でしか通行不能な林道で、城の近くまで行くことができます。

 らんまるさんの愛車で連れて行っていただかなければ、訪問できなかった城ですね。

 改めまして、らんまるさん。ありがとうございました。

IMG_2738_20170107180021906.jpg

 林道の終点です。

*戦国期、小泉氏は村上義清の傘下におりましたが、武田信玄へ寝返りました。

 寝返るにあたり、武田へ逆らわないことを示すため、自らの城を破却したため、信玄から「良い心がけだ」と褒められたとの逸話が残っています。

IMG_2740_20170107180046617.jpg

 城跡に送電塔があるため、送電塔保守のための道が整備されています。

*武田家滅亡後、小泉氏は記録に名が出なくなり、混乱の中で、没落したのではないかと推察いたします。

IMG_2741_20170107180255d55.jpg

 尾根筋に出ました。

小泉上の城

 先人の図面から起こしました。

IMG_2749.jpg

 送電塔です。

 送電塔の設置により、堀切が埋められてしまったそうです。

IMG_2757.jpg

 堀切5

IMG_2760_201701081131211f8.jpg

 多分、堀切2

IMG_2763.jpg

 本郭です。

IMG_2751_2017010811324218f.jpg

 小泉上の城からの上田市街の夕景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト
Comment
お誘いありがとうございます。
らんまる様

 お誘いありがとうございます。

 お仲間のМさんとも調整をして、メールをさせていただきます。

 新緑の旭山城に立つのが今から楽しみです。

> 候補日を挙げて頂ければ調整しますので、4月にご都合が合えばアテンドします。
> GW前が写真映えするラストになりそうです。
4月にご都合がつけば
候補日を挙げて頂ければ調整しますので、4月にご都合が合えばアテンドします。
GW前が写真映えするラストになりそうです。
こちらこそ申し訳ありませんでした。
らんまる様 ご来訪ありがとうございます。
 過日はせっかくご案内いただいたのにバテバテで申し訳ありませんでした。
 以前、虚空蔵山の城塞群をご案内いただいたときは、チョコを大量に摂取
する等、バテ防止策をとっていたのですが、今回は無策でした。
 反省しきりです。
 次回は、川中島の城塞群のアテンドをお願いしたいと思っております。
 その際は、よろしくお願い申し上げます。

追伸

 ピンスパイクつき長靴を購入しました。
 快調です!!
気配りが足りず反省しきりでございます
遠路はるばる信濃にお越し頂きながら、小生の気配りが足りず申し訳なく思っております。
もう少し体力的に負担の少ない城にご案内出来なかったのか?と自問自答しておりますが、またの機会に再度チャンスをと願いつつご容赦頂ければ幸いです。

ここの城は村上連珠砦の「物見の城」や「ケムリノ城」と似たような縄張なので、同年代の山城と見て問題ないと思います。残念ながら鉄塔が突き刺さっていますが、和合城もケムリノ城も刺さっているので電力会社の先見の明と戦国時代の村上氏の先見の明は一致しているのかもしれません(笑)

まあ、今回で懲りずにまたご連絡頂ければ、名誉挽回したいと思うておりまする・・(笑)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード