HOME   »  史跡  »  六義園 ~ 柳沢吉保造営

六義園 ~ 柳沢吉保造営

 五遁です。

 平成28年11月26日、六義園に行って参りました。

六義アク

 東京都文京区本駒込六丁目にあります。

IMG_2311.jpg

 六義園は、江戸時代に柳沢吉保が造営した庭園です。

 柳沢氏は、甲斐の国で武田家に仕える武川衆に属した土豪でした。

 武田家滅亡後、いち早く徳川家康に従ったため、召し抱えられました。

IMG_2315.jpg

 柳沢吉保は、上野館林藩主徳川綱吉に仕えていました。

 当初は、530石と決して大身ではありませんでした。

 ところが運よく、上司の徳川綱吉さんは、館林藩主から、江戸幕府の将軍へと抜擢されました。

 柳沢吉保さんは、館林藩士から、幕臣へと栄達を遂げたのでした。

 1780年のことでした。

IMG_2322.jpg

 柳沢吉保さんは、将軍の覚えがめでたく、どんどん加増されました。

 1688年には、1万2千石で上総佐貫藩主になりました。

 1694年には、7万2千石で武蔵川越藩主に・・・ 川越藩といえば幕府のお膝元ですね。

IMG_2316.jpg

 1695年には、加賀藩の下屋敷跡地を拝領し、六義園を造営しました。

 将軍綱吉は、この六義園をたいそう気に入り、58回も訪れたということです。

IMG_2321.jpg

 1704年には、15万石で甲斐甲府藩主にまで栄達しました。

 530石から、15万石ですから、夢のような話ですね。

 妬みを持つ人も多かったことでしょう。

IMG_2306_20161128150539251.jpg

 将軍綱吉が退位し、柳沢吉保が逝去すると、柳沢家は大和郡山へ移封となりました。

 六義園も次第に手入れが行き届かなくなってしまったそうです。

IMG_2312_201611281506082f4.jpg

 明治元年には、岩崎弥太郎が六義園を購入して、整備し直しました。

 岩崎さんは、三菱財閥の創始者ですね。

IMG_2317_201611281506320ec.jpg

 1938年に、東京都へ寄贈され、都立庭園として、一般に公開されるようになりました。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「史跡の部屋」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード