HOME   »  中世城郭  »  望月城(2) ~ 南北朝期に逼塞

望月城(2) ~ 南北朝期に逼塞

 望月城の第2話です。

IMG_1910.jpg

 堀2から見た、五郭と「H」の腰郭です。

IMG_1911.jpg

 堀2は、写真奥の方で、埋められてしまっています。

IMG_1912_201611071705230b3.jpg

 五郭です。

 100人以上楽に駐屯できる広さがあります。

 しかし、望月氏が招集できる軍勢は、それほど多くはなかったはずです。

a望月城Ⅱ

 堀2が埋められる前を、想像して描いてみました。

*望月氏は、南北朝時代、南朝についたため、北朝派の小笠原氏に本拠の天神城を攻められました。

 天神城は落城し、望月氏は一時逼塞しましたが、後に勢力を盛り返し、望月城を築いたとされます。

IMG_1922_20161107171325f12.jpg

 二番堀跡の表示があります。

 イメージ図の堀2のことですね。

 埋まってしまっているので「堀跡」なんですね。

IMG_1923_20161107172113113.jpg

 埋まってしまった部分を白線で示しました。

IMG_1916_20161107171038373.jpg

 五郭の南には、一段下がって、「F」郭があります。

IMG_1918_20161107171134c30.jpg

 藪でわかりにくいのですが、「F」郭と、四郭の間の堀2は残存しています。

 「望月城第3話・埋められた堀」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード