HOME   »  中世城郭  »  埼玉県小倉城①~孤高の石積山城

埼玉県小倉城①~孤高の石積山城

 みなさん、こんにちわ。

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。

 平成20年3月29日(土)、城仲間のM氏と一緒に小倉城に行って来ました。

 小倉城は、埼玉県小川町、嵐山町、ときがわ町の接点にあり、埼玉県の山城では、他に例を見ないほど石積が多用されていることで知られています。

 

100_1133.jpg

 毎年、訪れていますが、林道からの登り口には、去年には無かった「縄張り図の看板」設置されていました。

image4987490[1]

 城の西側、二の郭周辺のイメージ図です。

 

100_1134.jpg

 城の一番西側の切岸です。ここを左側に回りこむと、小口があります。

 敵を堡塁の側面へ誘導し、その過程で堡塁から、側面攻撃をしかけ、敵に出血を強いる「比企型小口」です。

 

100_1135.jpg

 これです! これが「比企型小口」(虎口とも書く)です。

 イメージ図の左端に描いております。

 

100_1137.jpg

 イメージ図、左下方に僅かに記載した竪堀です。一番左側の郭と、二の郭とその腰郭群とを隔てる役割があるようです。

 

100_1138.jpg

 イメージ図中央、下方の小口へ通じる土橋です。

 

image2528141[1]

 城の南側のイメージ図です。この城の特徴である石積は、南側に集中しています。

 

image7701042[1]

  イメージ図、左下の郭の石積です。ここも左回りの「比企型小口」が採用されています。

 

image4440718[1]

 イメージ図、やや右よりの石積を撮影するM氏です。

 

後半に続く・・・・・

 

 

ホームページ「土の城への衝動」   http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

 

スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード