HOME   »  中世城郭  »  埼玉県青鳥城~室町期の巨大兵站基地

埼玉県青鳥城~室町期の巨大兵站基地

みなさん、こんにちわ。

中世城郭愛好家土の城派、武蔵の五遁です。

平成20年3月29日(土)、群馬遠征の予定でしたが、諸事情により

お城仲間のM氏との、松山城、青鳥城、腰越城、小倉城、滝の城ツアーとなりました。

青鳥アク

青鳥城は、埼玉県東松山市石橋(東松山インターすぐ近く)にあります。

20年ぶりの訪問です。

 

100_1122.jpg

 写真①

 南の低湿地に頼った縄張りです。

 築城は、鎌倉期と歴史の古い城です。鎌倉期は本郭のみだったと思われます。

 解説版には記載されていませんが、1440年(室町期)結城氏が反乱を起こした際、討伐軍がこの地に駐屯したとの記録が残っています。

 討伐軍は総勢10万人とされています。

 青鳥城は、巨大な三の郭を有し、2万人以上駐屯できたと思われますので、討伐軍にとっては重要な兵站基地のひとつであったと思われます。

 戦国期になると、大きすぎる三の郭は防御に適当でないことから、二の郭と本郭のみが使われたのだと推察されます。

 

 

100_1120.jpg

  写真②

 三の郭の土塁と堀が残っています。右が土塁で左が堀です。

 

100_1121.jpg

 写真③

 三の郭の堀です。右が城外、左が三の郭です。

 

 

100_1123.jpg

 写真④

 三の郭から二の郭の土塁を見上げた写真です。手前に堀があります。

 

100_1127.jpg

 写真⑤

 小口に横矢をかける矢倉台上にたたずむM氏。

 

100_1128.jpg

 写真⑥

 手前、土橋。奥、小口です。

100_1130.jpg

 写真⑦

 巨大な板碑がありました。

 

100_1131.jpg

 写真⑧

 二の郭西部には、たい肥製造工場が建設され、凄まじい臭気が周辺をおおっていました。

 その西側の三の郭には宿泊施設が建設されていました。

 この写真は、たい肥工場と、宿泊施設を隔てる堀の写真です。

 宿泊施設の利用者は、この臭気に悩まされることはないのでしょうか?

 不思議です・・・

 

image2687059[1]

 イメージ図を作成しました。真上から見た感じです。

 図内の数字は、解説写真のナンバーと一致します。

 表現力の不足が原因で、土塁の記載を見合わせています。

 三の郭はほぼ消滅していますが、昭和初期に撮影された航空写真を参考に記述いたしました。

 「妄想紙芝居」と思って頂ければ幸いです。

 

100_1118.jpg

 本郭は、堀と土塁に囲まれ、石碑が建立されています。

 

100_1117.jpg

 偶然地主さんとご一緒になり、お話を聞かせていただきました。

 本丸に咲く桜は、さる有名な(地主さん済みません! どう有名か詳しく教えていただいたのに忘れてしまいました)桜から、枝分けして頂いたとのことです。

 また、落城時に花と散った城兵の供養を欠かしていないとのことでした。

 いい話やな~

 

 

ホームページ「土の城への衝動」   http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

 

スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード