HOME   »  史跡  »  真田信吉墓所 ~ 冷遇の嫡男

真田信吉墓所 ~ 冷遇の嫡男

 みなさnこんにちわ。

 中世城郭愛好家土の城派、武蔵の五遁です。

 平成28年9月17日、お城仲間のМさんと天桂寺に行ってきました。

三光院アク

 群馬県沼田市材木町309にあります。

IMG_1256_2016091808423049c.jpg

 沼田城下で、真田家の墓所を預かるだけあって、立派なお堂ですね。

IMG_1258_20160918084417fab.jpg

 真田信之は最初に、お父さんのお兄さんの娘と結婚し、嫡男真田信吉をもうけました。

 真田幸隆 - 嫡男真田信綱(長篠で戦死) - 娘
                                |
        - 次男真田昌輝(長篠で戦死)    |
                                |
        - 三男真田昌幸 -嫡男信之- 結婚 - 真田信吉

 三男である昌幸が真田家を継ぐにあたっては、嫡男信綱の関係者から異論も出たことでしょうから、信綱家と三男家の融和策としての婚姻だあったと推定されます。

 真田信之は、その後、徳川家康の養女小松姫と結婚し男子をもうけました。

 徳川幕府ができて、世が収まった時点で、「真田信綱の娘との子」と、「徳川家康の養女との子」、どちらを取るかといえば、答えは明白です。

 徳川家へはばかったのか真田信之は、「真田信綱の娘との子」信吉を本拠の上田へ入れず、沼田の統治を任せました。

IMG_1259_20160918084836005.jpg

 用水路に赤い橋がかかっていますね。

 沼田城は、河岸段丘の上に位置しています。

 つまり、川からずっと上の、川の無い大地です。

 そのため城下町を発展させるには、水の確保が必要不可欠でした。

IMG_1257_201609180850398b7.jpg

 人工の川、用水路を引いて、城下町を発展させたということです。

IMG_1261_20160918090207536.jpg

 この部分だけ、往時の石積みが残存しているということです。

IMG_1262_20160918090307f35.jpg

 その後、真田本家が上田から松代へ移された後も、真田信吉は沼田に留め置かれました。

IMG_1263_20160918091712640.jpg

 真田信吉は、嫡男でありながら真田家を相続することなく40歳で生涯を終えました。

IMG_1265.jpg

 少々、見えにくいのですが、墓石には六文銭が刻んであります。

IMG_1264_20160918091915775.jpg

 この解説版では、信吉の母は徳川家康の養女大蓮院と記されていますね。その説もあるにはあるようです。

 真田家を相続した・・・ 家康養女の子の系統により流布された説でありましょうか?

 また、信吉を沼田藩主と記していますが、これは誤りです。当時、沼田はあくまでも松代藩の一部でしかありませんでした。

 真田信吉は、死しても、松代へ入ることは許されす、沼田に留め置かれたのでした。

 冷遇の嫡男よ、安らかに眠り給え。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「史跡の部屋」
スポンサーサイト
Comment
Re: 同感ですね
丸馬出様 ご来訪ありがとうございます。

 信綱さん、昌輝さんの家系は冷遇されていますね。
 ある程度の待遇をするのはかえって、家を乱すとの配慮でしょうね。

 おすすめの本、面白そうですね。今後ゆとりが出たら探してみたいと
思います。
Re: 沼田城の疑問
М様 ご来訪ありがとうございます。

 休日出勤等ゴタゴタシテ、お返事が遅く練り申し訳ありません。

 秀吉時代に金箔瓦の天守が建てられたのはそうだとおもいます。
 何の根拠もないのですが、徳川の天下になってから、真田家は
少なくとも金箔瓦は撤去したのではないかと推察します。
 もしかしたら、関ケ原後には天守も・・・
 真田家の相続ですが、本多家と酒井家の代理戦争的なものがくり
広げられていたかもしれませんね。
同感ですね
金箔瓦の城は徳川政権にとっては
めざわりですからねえ。

ところで、馬ノ助さん(本家筋)、信綱さん、昌輝さんの家系は冷遇されている感じがしますね

追伸 この本お勧めですよ
https://www.wani.co.jp/event.php?id=5158
沼田城の疑問
先日ご同陣して頂いた際、沼田城の五層の天守は秀吉時代に築かれたと知りました。てっきり徳川時代かと思ってました。
考えてみれば、徳川時代では無理ですよね。
金箔瓦も出土している事をからも、真田の力では無理で秀吉から援助があったと思われます。沼田は会津や越後とを結ぶ交通の要衝で、秀吉としても徳川の抑えにと考えていたのかも・・・。信幸は大坂の陣終了までは沼田にいたようです。
信吉も大坂の陣では信幸の名代として出陣していますし、正室は酒井家から来ているので、信吉が長生きしていれば当主になっていたのでは・・・とも思います。
沼田藩取りつぶしの際、徹底的に沼田城を壊したのは、関東に豊臣の城があるのが嫌だったのでは?と思ってます。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード