HOME   »  史跡  »  井伊谷宮 ~ 宋良親王を祀る

井伊谷宮 ~ 宋良親王を祀る

 みなさん、こんにちわ。

 中世城郭愛好家土の城派、武蔵の五遁です。

 平成28年7月2日、お城仲間のМさんと井伊谷宮に行ってまいりました。

IMG_0506_201607171431220df.jpg

 井伊家菩提寺龍潭寺に隣接した北側にあります。

IMG_0503.jpg

 南北朝時代、南朝方として、井伊氏とともにこの地で戦った宋良親王を祀っているということです。

IMG_0508.jpg

 境内図があります。

 親切ですね。

IMG_0504.jpg

 拝殿を正面から

IMG_0501.jpg

 拝殿をわきから・・・

IMG_0496.jpg

 拝殿のすぐ南には、別のお堂があります。

IMG_0498.jpg

 井伊社です。

 宋良親王を祀る場所の、すぐ隣に井伊家の社を建てることで、井伊家の権威づけとしたのでしょう。

IMG_0492.jpg

 井伊谷宮の西には、宋良親王の陵墓があります。

IMG_0493.jpg

 皇族の陵墓とあって、みだりに立ち入ることはできなくなっています。

IMG_0495.jpg

 立ち入り可能区域から、禁止区域を撮影してみました。

IMG_0502.jpg

 境内のご神木の写真でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「史跡の部屋」
スポンサーサイト
Comment
Re: 信濃宮宗良親王の墓
らんまる様 ご来訪ありがとうございます。

 宗良親王は、井伊谷より信濃での戦歴のほうが長いんですよね。
 崩御の場所には諸説あると聞き及んでおります。

 今ある通説は、ほとんどが江戸時代に創られたのではと私は感じ
ています。
 ひねくれていますが、通説は疑ってかかるべきと・・・
 
 女房の家系をたどって、岩手県の浄法寺氏の分流であるとわかり
浄法寺氏の菩提寺を訪ねましたが、浄法寺氏の記録はすべて抹殺さ
れており、浄法寺氏を断絶に追い込んだ三戸の・・・
 領主を持ち上げるような・・ 創作と思われる・・ 逸話が・・
 多数残されていました・・・

 井伊谷宮も、井伊氏が徳川幕府の重鎮であり続けた・・・
 井伊氏が自分の家の拍付けに親王を利用した・・・
 のではないかと・・・ 極私的妄想です。

追伸

 今年は、熊の出没が多く、山城の訪問を控えて、寺社仏閣
を巡っています。

 最近は、古墳にも興味がわいてきました。

 では!
信濃宮宗良親王の墓
こんばんは。興味深い記事なのでお邪魔しました。

宗良親王は南朝方として、信濃の大河原城城主の高坂高宗に招かれ(現在の下伊那郡大鹿村)、その生涯のうちの30年間を信濃を拠点として北朝方と対峙し遠く関東まで転戦しています。
いつか宗良親王の軌跡を辿りたいと思っておりますが、なかなかその機会には恵まれません。
墳墓が井伊谷宮にあると伝わっていますが、この場所でしたか。ありがとうございます。
他に岐阜や大鹿村にも宝篋印塔があると聞き及びます。

南朝再興の夢叶わず失意のうちに吉野に戻り、再度大河原で挙兵するも関東管領上杉朝房に敗れ、井伊城で崩御したというのが通説のようです。

南北朝の争乱にスポットを当ててみたい今日この頃ですw
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード