HOME   »  中世城郭  »  平井城(1) ~ 関東管領の総構え

平井城(1) ~ 関東管領の総構え

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成28年6月27日、平井城に行って参りました。

B平井アク

 群馬県藤岡市西平井にあります。

IMG_0041_201607091242432b5.jpg

 室町初期に、関東管領上杉憲実が築城させたとされています。

 本丸公園があり、これまで何度も訪問しています。

 今回は、総構えの遺構が残存しているかどうかを、見て回ることとしました。

IMG_0068.jpg

 平井城は、東側を鮎川の断崖に頼っています。

 関東管領とその家臣の城は、川の断崖に頼る立地が多いですね。

 鉢形城、白井城、箕輪城がそれにあたります。

IMG_0069.jpg

 総構え内から対岸の「H」を撮影しました。

 往時もここに橋があったのでしょうか?

IMG_0042_20160712080658f62.jpg

 本丸公園掲示図面に、加筆いたしました。

 総構えの堀が図示されています。

 この図を参考に、お散歩です。

IMG_0690.jpg

 北郭西側の堀が残存しています。

IMG_0070_20160709125830a15.jpg

 「G」から「H」方向を撮影しました。

 堀が、水路となって残っていますね。

 幅も深さもなかなかです。

IMG_0071_201607091300592d5.jpg

 この地点では、幅が狭くなっていますね。

 多分、道路設置で狭められたのではないでしょうか?

IMG_0074_2016070913033416d.jpg

 水路写真館みたいになってきました。

 この写真を見ると、道路設置で埋められた雰囲気が伝わってきますね。

IMG_0076_2016070913054228a.jpg

 申し訳ありません。

 結構、延々と堀跡が続いているということをお伝えしたくて・・・

IMG_0078_20160709130707e03.jpg

 「E」の付近では、幅広の窪みが観察できます。

 「平井城第2話・幅20M荒神堀」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード