HOME   »  中世城郭  »  稲荷城

稲荷城

 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の菅原です。

 平成19年の夏に群馬県吾妻郡東吾妻町、東吾妻町役場北方約1キロの稲荷城跡に行ってきました。

 


 半年以上前の踏査の記憶を元にイメージ図を作成しました。記憶があやふやです。

 全国的な常識では、舌状台地に築城する際、本郭は舌状台地の突端に配置します。

 しかし、北群馬に限っては、舌状台地の突端をあえて放棄し、ずれた場所に本郭を配置します。

 この稲荷城、高山村の中山城、みなかみ町の諏訪の木城などがこれにあたります。

 


 本郭の小口を外側から見たところです。

 源平の戦いの頃、吾妻氏が在城していたとの伝承があります。その頃は本郭のみの簡素な造りたったと思われます。遺構の現状は戦国時代の中期から、後期にかけて改修されたと推察されます。

 本郭を囲む土塁は、地方の小土豪にしては立派ですし、北側は急斜面となっており、兵力300を与えられたなら、1000人の攻城兵相手に3日はねばれるかな? 

攻城兵が2000人なら、落ちる・・・といった印象です。

 

 

  ホームページ「土の城への衝動」   http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

 

スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード