HOME   »  中世城郭  »  藤橋城

藤橋城

 皆さんこんばんわ。

 中世城郭愛好家、土の城派「武蔵の菅原」です。

 平成20年1月26日には、城仲間のM氏をご案内して、青梅市藤橋の藤橋城に行ってまいりました。

 


 霞川流域に広がる水田に反り出した河岸段丘に立地します。

 比高は、6メートルほどでありましょうか?

 


 住宅街の端にある小さな公園が、藤橋城跡です。

 


 この地を治めた平山氏の居城であることは確かなようです。

 「むさしの城ものがたり」によりますと戦国中期、平山重吉が城主の頃、青梅の勝沼城主三田氏に従い、北条氏に抵抗して没落したとのことです。

 同じ平山氏の檜原城は北条氏につき、同族が敵味方に分かれました。

 戦国時代の常で、家名存続のため、話し合いの結果、敵味方に分かれたのでしょう。

 現地掲示板記載「平山虎吉が北条氏照に使えた」の、虎吉は、檜原城系平山氏と推定されます。


 イメージ図を作成してみました。かなり脚色しています。本当は僅かの盛り上がりも、確かな盛り上がりとして書いてしまいました。小規模ながら、比高二重土塁はあるし、小口への進入経路へは矢倉台と推測される盛り上がりはあるは、小口も明確であるわわで往時はそれなりの城郭だったと想像されます。

 二の郭や外郭もあったかもしれません。

 

 

  ホームページ「土の城への衝動」   http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

 

スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード