HOME   »  中世城郭  »  高部館(9) ~ 登り枡形

高部館(9) ~ 登り枡形

 高部館の第9話です。

IMG_9830_201606261219499c2.jpg

 「X」は、細い腰郭となっています。

IMG_9831_20160626122126cab.jpg

 「X」と、「 I 」の間には、「竪堀い」が食い込み、移動を制約しています。

IMG_9832_2016062612242904a.jpg

 「 I 」の腰郭です。

B高部2

 西尾根から、F、G、Xと進んでも・・・

 迂回して、「 I 」にとりついても、行き止まりで、上からの攻撃にさらされますので、撤退せざるを得ません。

IMG_9835.jpg

 攻城兵が進むことが出来る道は唯一、この道です。

 左右と正面、三方向からの攻撃にさらされながら、急な坂を登らなければなりません。

 登り枡形と勝手に呼んでしまいます。

IMG_9840.jpg

 登る途中で見下ろしました。

 角度により、見え方が変わりますね。

IMG_9837_20160626123902e9d.jpg

 「H」に登ってきました。

IMG_9838.jpg

 「H」から北へ向けて、狭い通路が続いています。

 攻城兵は右上からの攻撃にさらされながら進まなければなりません。

 「高部館第10話・馬出と段差」へ続く・・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「茨城の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード