HOME   »  中世城郭  »  高月城

高月城

みなさんこんにちわ。

中世城郭愛好家、土の城派「武蔵の菅原」です。

平成20年1月26日に、城仲間のM氏と東京都八王子市の高月城に行ってまいりました。

高月城は八王子周辺を治める大石氏が室町時代に築いたとされています。


 高月城のイメージ図を作成してみました。東、北、西を蛇行する秋川に囲まれた断崖上に位置し、秋川と多摩川の合流点を見下ろす、水運を掌握するにはもってこいの立地です。

 戦国初期に、高月城が手狭となった大石氏は、高月城南東約1キロの地点に滝山城を築き、本拠を移動したとのことです。

 


 滝山城を西から見た写真です。イメージ図と同じ方向です。北郭には、白い建物があります。

 


 北郭には、一部土塁が残存していると聴いたことがありますが、私有地であり、踏査は遠慮しておきました。

 


 西側から本丸を見上げた写真です。こちら方面からの攻撃は不可能といえるでしょう。

 


 本丸の風景です。一部畑、一部空き地、他は広大な藪となっております。石碑も看板もありません。本丸背後に僅かな窪みがありそれが空堀と推定される以外は、小口等明確な遺構は残されていません。

 城マニア以外の方がここを通っても城とは気が付かないことでしょう。

 遺構が少ない理由は、築城の時期が古く、築城の技法が発達していなかったか、後世に耕されてしまったかのいずれかと思われます。

 しかし、ここに大石氏の屋敷があり、家臣たちが行き来していた事実は、変わりません。

 

ホームページ「土の城への衝動」http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード