HOME   »  中世城郭  »  八幡平の城(2) ~ 屈曲引き回し通路

八幡平の城(2) ~ 屈曲引き回し通路

 八幡平の城の第2話です。

IMG_9422_20160503135010364.jpg

 二重堀切のアップです。

IMG_9423_20160503135054f9b.jpg

 二重堀切から、尾根の先端方向「A」を撮影しました。

IMG_9424.jpg

 今度は「A」から見た二重堀切です。

 柵と併用して、遮断力を高めていたのだと思われます。

八幡平南

 大手道についてです。

 現地表示は「E」に至る道を大手としています。

 しかし、それでは「A」から「E」への屈曲引き回し通路を設置した意味がありません。

 私見では、「A」へ至る尾根筋か、「A」と「B」の間あたりが大手であったのではないかと推察いたします。

 そして、左右に大きく屈曲し、常に頭上からの攻撃にさらされる通路を経て、「E」へ至ったのではないでしょうか?

IMG_9426_201605031358194ac.jpg

 二重堀切から見た、「B」です。

 「B」では、左上からの攻撃にさらされ、狭い道を進まなければなりません。

IMG_9427_20160503135931be1.jpg

 「D」の前後で、通路は大きく屈曲し、進撃速度が低下する上、左上と正面上の二方向からの攻撃にさらされます。

IMG_9428.jpg

 「D」の先で、通路は大きく左へ・・・・

 進んでいる間、常に左上からの攻撃にさらされます。

IMG_9429.jpg

 通路は狭くなり、更に左へ・・・

 先の見通しがききません。

IMG_9430_20160503140402a24.jpg

 「E」の広くなった、場所に守兵が大勢待ち伏せしていたら・・・

 攻める側は狭い通路で1列、守る側は大勢で正面攻撃 + 左上からの頭上攻撃

 守る側が圧倒的に有利な状況を創ることができます。

 実に技巧的ですね!!

 「八幡平の城第3話・小口の先に塁壁」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード