HOME   »  中世城郭  »  横舟城(1) ~ 高天神補給路

横舟城(1) ~ 高天神補給路

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。

横舟アク

 平成28年4月16日、お城仲間のМさんと横舟城に行って参りました。
 静岡県御前崎市下朝比奈にあります。

 この城の図説レポートは、当方が初であると思われます。

横舟城概念
 朝比奈団地付近から242号線を北上し、道が山に挟まれて、カーブする右側に路側帯が広くなっている場所がありましたので、車を停めさせていただきました。

 上の地図には「P」をつけさせていただきました。

IMG_9360_20160426150925689.jpg
 適当に直登すると、2分ほどで尾根筋に到達できました。

*横舟城は、鎌倉期、朝比奈氏による創始であるという伝説があるようですが・・・

 現在残る遺構は戦国後期のものであると推定されています。

IMG_9361_201604261510081a5.jpg
 尾根筋から見下ろした、剣道242号線です。

*地元の城郭研究科の皆様の間では、高天神城補給路確保の為に、武田氏により、普請されたとの説が有力のようです。

IMG_9362_20160426151537860.jpg
 「A」と「B」の間に堀切があるのが見てとれるでしょうか?

IMG_9363_20160426151630238.jpg
 堀切のアップです。

横舟城
 先人の図面が無かったので・・・・

 現地でのスケッチを帰宅後地形図に落とし込んでから、鳥瞰イメージ図に起こしました。

 藪で見通しがきかなかったので、決して正確ではありません。

 あくまでもイメージと捉えてくださいますようお願いします。

 また、枝尾根に遺構があったかもしれませんが、踏査していないので、描いておりません。

IMG_9365_20160426171451a0b.jpg
 手前の堀切から、南側を撮影しました。

 「B」と「C」の間にも堀切があります。

 二連堀切です。

IMG_9366_20160426171642fe9.jpg
 「C」の手前の堀切です。

IMG_9367_201604261717195ee.jpg
 堀切は斜面を、竪堀となって、下っています。

 「横舟城第2話・堀切パラダイス」へ続く・・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード