HOME   »  中世城郭  »  御前崎朝比奈城(3) ~ 駐屯用二郭

御前崎朝比奈城(3) ~ 駐屯用二郭

 御前崎朝比奈城の第3話です。

IMG_9287_201604240806483f9.jpg
 「E」郭に入りました。

 二郭への進入路を押さえています。

IMG_9288.jpg
 登ってきた方向を振り返りました。

 1段低く、半枡形のようになっている場所があります。

 この周りに柵を設けていたかもしれませんね。

qimg083_20160424074410fe7.jpg
 この城の防御の志向性は南西方向にああります。

 戦国後期、この地は武田の領土であり、徳川の侵攻にさらされていました。

 そして、徳川軍が押し寄せてくる方向は南西方向です。

 このことからも、御前崎朝比奈城は武田の追加普請を受けたと推察いたします。

 二郭は、この城で最大の面積があり、兵士の駐屯地として活用されていたと思われます。

IMG_9289_201604240824100ed.jpg
 「E」から二郭に登りつつあります。

IMG_9290_20160424082514b4c.jpg
 二郭の西側は、大藪になっていました。

IMG_9293.jpg
 二郭の真ん中あたりには、浅くて、幅の狭い堀があります。

IMG_9294_201604240830372a1.jpg
 浅い堀は、尾根筋を竪堀となって下っています。

 戦国期の防御のための堀ではなく、その後、畑として使用された際の排水路の可能性もありますね。

IMG_9295_20160424082920a00.jpg
 二郭の東側は藪ではありません。

 奥側が若干盛り上がっていますね。

IMG_9296.jpg
 二郭から、本郭を見上げました。

 本郭の解説を最終回にしたいというこだわりがあり・・・・

 次回は、南側の台地からレポートを始めます。

 「御前崎朝比奈城第4話・迂回迎撃」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「静岡の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード