FC2ブログ
HOME   »  中世城郭  »  宮崎城

宮崎城

1月2日には、宮崎城にも行きました。

富岡西中学校の敷地がそれにあたります。

 


 中学校建設により主要部は破壊されていますが、所々に遺構が散見されます。

 台地の端を利用しています。崖端城とも言いがたいし、丘城とも言いがたいし、何と分類すれば良いか迷います。

 いずれにせよ要害性は低いので、背後に山城である神成城をセットで用意してあります。

 


 小幡氏の支城だったとのことです。小幡氏の支配地域は本当に広かったのですね。

 秀吉の小田原征伐で落城し、徳川家康の関東入府にあたり、奥平氏が入城したとのことです。

 奥平氏といえば、長篠城に篭り、武田勝頼の猛攻を凌ぎ、長篠の戦いでの織田、徳川連合軍の勝利を引き出した、あの奥平氏ですね。

 長篠の戦いでは武田勝頼の指揮下、小幡氏の軍勢はほぼ壊滅したとのことですから、奥平氏を領主に迎えた領民の心は複雑だったことでしょう。

 


 外郭の堀跡です。現状、50センチほどの窪みですが。幅が広いです。奥平氏時代のものと思われます。発掘したら深さ10メートルくらいの深さがあると推察できます。

 


              本郭の側面には切岸が残っていました。

 


 本郭の背後には2本の堀切があります。中学校の敷地内に入ると警察に通報しますとの看板が多く立てられていましたので、敷地外のみの踏査となりました。

 

ホームページ「土の城への衝動」http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

 

スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード