HOME   »  中世城郭  »  出浦城(3) ~ 森長可傘下

出浦城(3) ~ 森長可傘下

 出浦城の第3話です。

 天正10年武田家が崩壊すると、出浦昌相は織田信長配下の森長可の配下となりました。

 しかし、本能寺の変で信長が死ぬと、森長可は動揺し、本国へ帰ることとしました。

 他の在地衆が森長可へ反旗を翻す中、出浦昌相だけは、森長可の撤退に協力したということです。

 さて、西堀切へ戻ります。

IMG_9133_201604031814530cb.jpg
 西堀切の北側の部分です。

IMG_9136_20160401143627196.jpg

 堀切を渡って、「あ」へ登りつつあります。

出浦城西堀切
 敵が西側の尾根筋から、攻め上ってきた際、敵を一定時間拘束し、本体部分での籠城準備をするための、時間稼ぎをするための構築であったと推定いたします。

IMG_9137.jpg

 「あ」から、西堀切を見下ろしました。

 堀底へ至った攻城兵に対して、石を投げおろす等の反撃が想定されていたことでしょう。

IMG_9138_2016040114423313b.jpg
 西堀切のさきには、このような、なだらかな太尾根が続きます。

出浦城アク
 西堀切と、中堡塁に大体の位置関係をご確認ください。

IMG_9140_2016040114461295c.jpg

出浦城中堡塁
 上下二段の郭が配されています。

 これも、時間稼ぎの遅滞設備でしょう。

IMG_9139_20160401144909f60.jpg

 下の段の南部分。

 急造感がありますね・・・

 出浦城が追加普請を施され、現在の姿となった時期については後に触れてまいります。

IMG_9141_201604011449456ef.jpg

 上の段の南部分です。

 「出浦城第4話・対上杉最前線」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード