HOME   »  中世城郭  »  大島城

大島城

 1月2日には、大島城にも行きました。

 大島城と言えば、長野県の伊那大島城が有名ですが、今回訪れたのは、全く無名の群馬県富岡市の大島城です。

 


 鏑川と野上川の合流地点に、二本の川に挟まれた三角形の微高地があります。これが大島城です。3方を川に囲まれていますので、残る一方を掘り切ればすぐ城になります。

 写真は、民家の裏に残る掘り切りです。

 峰城、枇杷ノ沢城、藤田城と無人の地を行く寂しさから開放されましたが、今度は、犬に吼えられ、住人にあやしい者を見るような目で見られるという、別の苦難が待ち受けていました。

 自分から「お城を見に来たんですよ!」と声をかけましたが「城?そんなもんねえべ」と言われてしまいました。

 城跡に住んでいる人が知らない城、それが上州大島城です。

 


       二の郭と土塁です。思ったより残っていました。かなり広いです。

 


    一の郭はヤブと墓地になっていましたが、二の郭と隔てる切り岸が残っていました。

 


          野上川の堰堤です。天然の堀となっていたと思われます。

 中世は、治水技術が進んでいなかったため、河川は日常的に氾濫していたようです。

 この微高地は、氾濫原に浮かぶ大きな島の様な状態だったと思われます。

 それで大島城と名が付いたのではないでしょうか。

 

 

ホームページ「土の城への衝動」http://www5.plala.or.jp/tutinosiro/

スポンサーサイト
Comment
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード