HOME   »  中世城郭  »  多賀谷城 ~ 下妻20万石

多賀谷城 ~ 下妻20万石

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成28年2月14日、多賀谷城に行って参りました。

多賀谷アク

 茨城県下妻市役所西約50メートル「多賀谷城址公園」に城址碑があります。

 城域は広く、現在の下妻市街地の大半を占めていたようです。

IMG_8693_20160305105113630.jpg

 城址公園には駐車場があります。

IMG_8710.jpg

 駐車場近くには、多賀谷城址公園の掲示があります。

IMG_8694_20160305111533820.jpg

 この公園が、多賀谷城の本郭跡であるようです。

*多賀谷城は、多賀谷氏の城です。

 多賀谷氏は武蔵七党の出で、室町時代に結城氏の配下となりました。


IMG_8696_2016030511171283e.jpg

 公園の南端には、堀跡とおぼしき道路と、塁壁とおぼしき段差があります。

*結城氏が幕府に反抗し没落した 「結城城」 の戦いでは、落城時に結城氏の子を抱いて脱出し、結城氏再興に貢献しました。

IMG_8708.jpg

 公園の東側には、土塁とおぼしき盛り上がりがあります。

*戦国時代の、多賀谷家当主は多賀谷重経(たがやじげつね)でした。

 多賀谷重経は、戦に強く、独立心旺盛な武将でした。


IMG_8700_20160305112254acd.jpg

 公園内に戻ると、多賀谷城本丸跡の標柱があります。

 下妻城とも呼ばれるようです。

*多賀谷重経は、鉄砲を買い求め、領土を広げていきました。

 多賀谷氏は南進を続け、その領土は現在の下妻市のみならず、常総市、坂東市、つくばみらい市にもおよび、石高は20万石にも至ったということです。

 主筋にあたる、結城家の領土を大きく凌駕したのでした。


IMG_8701_20160305112458888.jpg

 解説版です。

 色が薄くなってよく読めませんね。

*豊臣秀吉の北条攻めに参加したたため、多賀谷重経は本領を安堵されました。

 多賀谷重経は、独立大名としての処遇を期待していましたが、秀吉は多賀谷重経を結城氏の与力大名としてしまいました。


IMG_8702.jpg

 何かの石碑もあります。

*反発した多賀谷重経は、結城氏に諾々と従った嫡男「三経」を廃嫡すると、佐竹氏から養子を迎えました。

 秀吉の朝鮮遠征に兵を出さなかった為、減封され、下妻城は破却。

 関が原の戦いの前夜、西軍の上杉景勝と通じたため、領地を没収されました。


IMG_8704.jpg

 多賀谷氏遺跡碑と記されています。

*佐竹氏が秋田へ移封されると、佐竹からの養子は、多賀谷宣家として能代市の 「桧山城」 に入りましたが、後に佐竹姓へ復してしまいました。

 一方廃嫡された三経の家系は、結城家の重臣として存続しました。


IMG_8705_2016030511304134c.jpg

 明治22年に建てられたようです。

 福井県の文字が見えます。

 結城家は、現在の福井県(越前)へ移封となりましたので、多賀谷三経の家系の方が碑の建立の中心となったのでしょう。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「茨城の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード