FC2ブログ
HOME   »  史跡  »  池の薬師堂水牢 ~ 真田信利の圧政

池の薬師堂水牢 ~ 真田信利の圧政

 五遁です。

 平成27年12月16日には、池の薬師堂水牢に行ってまいりました。

05z4r64

 群馬県吾妻郡東吾妻町新巻1083にあります。

IMG_3891_20151223145922069.jpg

 事の起こりは、真田家のお家騒動です。

 関ケ原合戦で真田家は、西軍と、東軍に分かれました。

 東軍についた真田信之が家を継ぎました。

 信之には長男信吉がいましたが、信之が藩主である間に長男信吉は急死してしまいました。

 信吉が死んだとき、信吉の子信利は幼少だったので、信吉の弟信政が松代藩の第二代当主となりました。

 信政が死んだとき、信政の子幸道は幼少でした。

IMG_3892.jpg

 薬師堂ですね。

 信之(初代) - 長男信吉(急死) - 次男信利
              
          - 次男信政(二代) - 六男幸道

 信利と幸道の家督争いが始まりました。

 信利は、「直系は自分である」として、幕府に直訴しました。

 しかし、存命であった真田信之は「幸道を家督に据える」と頑として譲りませんでした。

 幕府は、折衷案で妥協させました。

 松代藩10万石は、幸道に継がせる。

 一方、真田領から沼田を分け、信利が沼田藩3万石を開くこととなりました。

IMG_3894.jpg

 どこにでもある、ただの池に見えますが・・・

 沼田藩主となった真田信利はそれで満足すればよかったのですが、松代藩に対する恨みを強くしてしまったのでした。

 彼は、「沼田藩の石高は14万五千石である」と幕府へ届け出ました。

 つまり、「10万石の松代真田家より格上である」ということにしたのでした。

 格上であることを示すために、沼田城に五層の天守を立ち上げ、江戸屋敷も豪勢に建て替えました。

IMG_3893_20151223152335089.jpg

 それらの費用は、住民からむしり取るしかありません。

 信利は、住民に重税を課しました。

 年貢を払いきれない住人の妻子を、縛り上げ、寒中に水の中に立たせたということです。

 家の者は、親戚中からお金を集めたり、田畑を売ったりして、年貢を納め、妻子を水牢から救い出したということです。

 年貢を納められなかった場合、妻子は低体温症で亡くなってしまったのでしょうね。

IMG_3895_20151223154040d04.jpg

 こちらも水牢の跡のようです。

 その後、信利は幕府から「江戸両国橋の架け替え木材の提供」を命じられました。

 しかし、藩の財政は傾き、商人達からもそっぽを向かれ、木材を調達することができませんでした。

 真田沼田藩は、取り潰しとなりました。

 真田信之は、「信利の器に問題がある」ことを見抜いていたため、松代藩を継がせなかったのでしょうか?

IMG_3896.jpg

 遠景でお別れです。

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「史跡の部屋」
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード