HOME   »  中世城郭  »  岩櫃城背後地形(2) ~ 明確な削平空間

岩櫃城背後地形(2) ~ 明確な削平空間

 岩櫃城背後地形の第2話です。

IMG_3907_20151223103308c0a.jpg

 「F」に登り着きました。

 これはもう、疑いようもなく人の手が加えられていますね。

 1話と違って、明確な削平空間です。

IMG_3908.jpg

 さらに進むと、湾曲土橋っぽい地形もあります。

IMG_3909.jpg

 湾曲土橋っぽい場所へ、竪堀っぽく食い込む「G」です。

岩櫃背後

 素人のスケッチですので、あくまでもイメージとして御覧ください。

IMG_3910.jpg

 湾曲土橋っぽい場所を過ぎて登っていくと・・・

 上の方に平場がある風な・・・

IMG_3911_2015122310441758d.jpg

 「H」です。

 イメージ図内では最高所となります。

 背後から敵兵が来ないか警戒する物見として活用するには良い場所です。

 奥に岩櫃山の山塊が見えますね。

 あそこにあるんですよ更に・・・

IMG_3912_2015122310481054e.jpg

 「H」の先は、がくんと落ち込み、その先は細尾根となっています。

 細尾根を進んでくる敵兵に射撃を加えることもできますし、段差で遅滞する敵兵に石を投げ落とすことも可能です。

 立派な防御地形です。

IMG_3914_20151223105109798.jpg

 細尾根から「H」を振り返りました。

 岩を活用した、強固な防備であると感じます。

 「岩櫃城背後地形第3話 ・土橋っぽい」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「群馬の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード