HOME   »  中世城郭  »  矢立城(1) ~ 尾根の先端

矢立城(1) ~ 尾根の先端

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成27年11月28日、「らんまる攻城戦記オーナー・らんまるさん」のご案内で矢立城に行って参りました。
 お城仲間のМさんもご一緒です。

c祢津2
 長野県東御市祢津にあります。

 海野氏の城であるという説と、祢津氏の城であるという説があります。

 両者の勢力の伸縮の過程で、海野氏の城であったり、祢津氏の城であったりしたのかもしれません。

IMG_3775_201512220903504c0.jpg

 地図でPと記した場所に、プレハブが二棟建っており、そのわきの林をを南に進みます。

IMG_3776_201512221113493f9.jpg

 こんな感じの林をひたすら進みます。

IMG_3777_20151222090535d7b.jpg

 途中、右側にお家がありますので、怪しまれないように、迂回して進みます。

 このあたりから進路は南西方向となります。

IMG_3780.jpg

 堀3が現れました。

 いよいよ、城内ですね。

矢立城

 高原地帯から伸びた尾根の先端に普請されています。

IMG_3781_20151222110334a8e.jpg

 四郭に入りました。

 結構広いです。

 住人たちの逃げ込みスペースでしょうか?

IMG_3782_20151222110700bf9.jpg

 遠くに、本郭の土塁が見えてきました。

IMG_3783.jpg

 堀2のお目見えです。

 「矢立城第2話・両袖張り出し小口」

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト
Comment
Re: ありがとうございます
福田様 お返事ありがとうございます。

 昨日は、神奈川県は三浦半島の三崎城に行って参りました。
 解説書には、破壊されほぼ残っていないと記される場合が多いのですが。

 実際に踏査してみると、住宅と住宅の間に、大きな段差があったり、地形的に
往時の郭配置が理解できました。
 自分の足で確かめるのは大切ですね。

 当サイトをご紹介いただけるとのこと、ありがとうございます。

 文末ながら、福田様とお仲間の皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

> おはようございます。
> こちらのサイトもご紹介して、皆様で楽しみたいと思います。感謝いたします。
> 寒さもまだまだ続きます、ご健勝であられますように。
ありがとうございます
おはようございます。
こちらのサイトもご紹介して、皆様で楽しみたいと思います。感謝いたします。
寒さもまだまだ続きます、ご健勝であられますように。
Re: 初めまして
福田様 はじめまして。
 そして、ご来訪ありがとうございます。
 「土の城への衝動」を記載していただけるのであれば、どうぞ転載、活用なさってください。
 街道を調べていらっしゃるのですね。
 今の道と、往時の街道は異なることが多いですよね。
 私、本日、静岡で城を回っていました、昔の「塩の道」の近くにある城が多かったです。
 街道とお城は密接な関係があったんですね。
 文末ながら、福田様の街道研究が、実り多くなることをお祈り申し上げます。
初めまして
群馬県内の山城を検索しておりましたら、こちらのサイトが見つかり、大変興味深く拝見しました。私の家の近くには、沼田の項目内の諏訪の木城がありますが、詳しい場所はわかりませんでした。でも、Earth図のラインと位置、何より描かれた線画で、イメージに繋げられました。現状からは、想像もつきませんよね。大変ありがたかったです。私は60代の婆さんですが、主人が三国街道の資料集めをしておりまして、その関係で、山城を探しておりました。こちらのサイトは、内容、文、最近カラーになさった地形図が大変わかりやすく、参考にさせていただきたいのですが、転載は、可能でしょうか? 使用させていただくのは、当地区で開催する三国街道や真田道に関する講習会の資料として、です。いきなりで、大変厚かましいお願いですが、よろしくお願いします。なお、主人が直接ご連絡出来ると、私がご説明するより、簡略となりますので、ありがたいのですが。メールにてお返事いただければ、こちらから、お電話なり、差し上げたいと思っております。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード