HOME   »  中世城郭  »  祢津下の城(3) ~ 堀切から竪堀

祢津下の城(3) ~ 堀切から竪堀

 祢津下の城の第3話です。

IMG_3521_20151220110524a7d.jpg

 池の「図の裏側」の斜面には竪堀が幾重にも刻まれ、攻城兵の迂回を阻止しています。

IMG_3524.jpg
 池の先の一段上に、四郭があります。

 池の両脇の土塁の上を進む攻城兵へ、四郭から射撃を加える意図があったと推察します。

IMG_3532.jpg

 四郭に入り、三郭方向を見上げました。

祢津下の城

 「い」の横堀は、「う」で屈曲し、「え」へ向けて竪堀へと変化します。

 この城の、本気防御ラインですね。

*戦国初期の1541年。海野平の戦いが発生しました。

 武田信虎&諏訪頼重&村上義清 VS 滋野三家 の戦いです。

 数で劣る滋野三家は惨敗しました。

 真田幸隆など多くの武将が関東へ落ち延びていきました。

 その様な中、祢津元直は、諏訪氏と姻戚関係にあったため、勝利した連合軍に許しを請いました。

 配下の豪族たちの所領は召し上げられましたが、祢津下の城周辺の本貫の地の所有だけは認められました。


IMG_3534.jpg

 「い」の横堀の東方向です。往時は数メートル深かったことでしょう。

*一方、祢津元直の次男政直は降参を潔しとせず、この地を離れました。

 武田信玄がクーデターで政権を奪取し、諏訪領を手中にし、信濃侵攻を本格化させました。

 祢津政直は、武田信玄の配下となり、信濃侵攻に貢献しました。

 また、祢津政直は妹を武田信玄の側室に送り込み、武田家との結びつきを強めました。


IMG_3535_20151220112201ba9.jpg

 「い」の横堀の西方向、図手前側です。

*武田家が西上野を領有するようになると、祢津政直は箕輪城の守りに任じられました。

IMG_3536_20151220112357ec1.jpg

 堀底を進むと「う」の屈曲点へ至り・・・

IMG_3537_20151220112553bc4.jpg

 「う」から、「え」へは、竪堀となっています。

 「祢津下の城第4話・2本の堀切」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「長野の城」
スポンサーサイト
Comment
Re: 読まれました?
丸馬出様 ご来訪ありがとうございます。

 歴史群像の最新刊には、大坂の陣が取り上げられているのですね。
 情報、ありがとうございます。
 水曜日に購入したいと思います。

> 今回の歴史群像
> 面白かったですね。
> 大坂の陣よく書けていたと思います。
>
> まだでしたら、是非
読まれました?
今回の歴史群像
面白かったですね。
大坂の陣よく書けていたと思います。

まだでしたら、是非
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード