HOME   »  書籍  »  武田遺領をめぐる動乱と秀吉の野望 ~ 真田昌幸の生き残り戦術

武田遺領をめぐる動乱と秀吉の野望 ~ 真田昌幸の生き残り戦術

 五遁です。

 真田関連グッズの紹介です。

cDSCF4108.jpg

 題名に「真田」の文字は無いのですが・・・

 武田滅亡後の、真田昌幸の生き残り戦略が記されています。

 天正壬午の乱から、小牧長久手の戦いにかけての信濃豪族の動向を、これほどまでに詳細に記した書を、私は他に知りません。

 真田昌幸マニア必見です!

 ホームページ 「土の城への衝動」 
スポンサーサイト
Comment
Re: さんこうまでに
丸馬で様 ご来訪ありがとうございます。

 真田ネタのご提供、感謝いたします。

 楽天ブックスで調べたらありました。

 他にも真田関連本が怒涛の出版中ですね。

 あの平山優先生までもが・・・

 このブームでお城に関心を持ってくださる方が増えるとうれしいです。

 お正月から真田郷のお城レポート開始です。
さんこうまでに
関係者ではないですが
本のご紹介です

郷土出版社から
「真田一族」という本がでるそうです。
いいお値段なので、ご参考までに。
Re: 確かに!
りゅう様 ご来訪ありがとうございます。

 天正壬午は、あまり、取り上げられないですし、取り上げられても、
徳川と北条の直接対決部分だけだったりします。
 この本は、それに巻き込まれた信濃豪族たちにもスポットを当てて
いる点でこれまでにない著作となっています。
 また、天正壬午から小牧長久手、北条征伐まで、秀吉が一貫した戦略
をもって、日本統一へ向かって突き進んでいく流れがわかります。
 家康は、空手形を乱発することにより、信濃豪族を味方に引き入れ、
信濃の大半を手に入れます。
 空手形は当然履行されることなく、不満を持った信濃豪族たちの不満
が溢れ、秀吉はそこに付け込み、自陣営へ引き込んでいきます。
 その結果、小牧長久手に勝利しながらも、家康は秀吉に屈服せざるを
得なくなっていく・・・が、詳細に理解できます。
 真田昌幸は常に最高のタイミングで、勝ち組に乗り、恩を売り、独立
を勝ち取ってい行きます。

 買いですよ!
 
確かに!
タイトルだけでゾクゾクしますね!買い決定ですね
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード