HOME   »  中世城郭  »  萩原長者屋敷(1) ~ 弘法大師伝説

萩原長者屋敷(1) ~ 弘法大師伝説

 みなさん、こんにちは。
 中世城郭愛好家、土の城派、武蔵の五遁です。
 平成27年10月30日、萩原長者屋敷に行って参りました。

c萩原長者アク

 茨城県城里町徳蔵にあります。

 緑地公園となっており、駐車場もあります。

IMG_3119_201512021108117b9.jpg

 駐車場には、解説版があります。

 昔、この土地に豪族の大峰氏がいました。

 弘法大師が、布教の為にこの地を訪れました。
 (弘法大師は平安時代の名僧です。)

 大峰氏は、弘法大師に帰依し、住居を与え、手厚くもてなしました。

 大峰氏の娘、徳蔵姫は弘法大師に好意を抱きました。

IMG_3120_20151202111631510.jpg

 徳蔵姫は、弘法大師へラブレターを渡しました。

 弘法大師は、仏に仕える身として、徳三姫の気持ちに応えることはできませんでした。

 弘法大師は、一夜のうちに自分の座像を作り、自分の立場を伝える手紙を残し、この地を立ち去ってしまいました。

 徳蔵姫は、失恋の苦しみから、井戸に身を投げて死んでしまいました。

(ここの地名はそれ故、徳蔵となりました)

(大峰氏は、後に萩原と名乗りを変えました。萩原氏がこの場所に屋敷を構えてました。)

 悲しい伝説ですね。

IMG_3121_201512021126317df.jpg
 
 駐車場から、北側を撮影しました。

 萩原長者屋敷は、北と西を低湿地に守られています。

IMG_3122_20151202112901b17.jpg

 階段が設置されていますね。

 登ってみましょう!

IMG_3126_20151202113441be3.jpg

 登っていくと「A」の平坦地に出ました。

 「A」には切岸は見られず、周囲は自然地形ですが、写真奥のほうに低い土塁が見えます。

萩原長者

 自らのスケッチをもとに起こしました。

 相変わらず下手ですね。下手の横好きですね。

IMG_3130_201512021141123fb.jpg

 土塁の先には堀があり、堀の先には、また、土塁が・・・・

 東側の写真です。

IMG_3129.jpg

 今度は、西側の写真です。

 「萩原長者屋敷第2話・比高二重土塁」へ続く・・・

 ホームページ 「土の城への衝動」 > 「茨城の城」
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

武蔵の五遁

Author:武蔵の五遁
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード